« オクラ | トップページ | マツバボタン »

2017年7月24日 (月)

クロアゲハ

0707_4kuroageha 2017.7.7
ガレージから車を出して、ふと見たら、門扉の下の方にとまっていました。
なんだか元気がない。ゆっくりしていっていいよ、と夫婦で買い物に外出。
帰ってきたら、落ちていました。
もう命の限界のところだったのですね。
我が家を「終の住処」としてくれてありがとう。うちの子だ。
花の下の土に置いて、落ち葉をかけてやりました。
生きて死んで土に還る。蝶も人も何の違いもありません。

ついのすみか【終の住処・終の栖】
終生住んでいるべきところ。また、最後にすむ所。死後に落ち着く所。「これがまあ―か雪五尺」(一茶)
広辞苑第六版より引用

« オクラ | トップページ | マツバボタン »

動物」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ