« 夏至の翌日 | トップページ | ササグモ »

2017年6月23日 (金)

ヤマトシジミ 幼虫から成虫へ

0531_4yamatosijimi1 2017.5.31
土いじりをしていた妻が発見。ヤマトシジミの幼虫ではないかと、現場で撮影。
0531_4yamatosijimi2
連れてきてケースに入れて撮影。うまくピントが合いませんでした。
0531_12yamatosijimi
紙を敷いてみましたが、あんまり上出来の写真ではない。
確かにこれはヤマトシジミの幼虫だと思います。多分終齢。
カタバミの葉を食いつくして、別の葉を探しに土に降りたものか。
ケースにカタバミを入れてやりました。

0604_8yamatosijimi1 6.4
わ、蛹になってる。ちょっと気づくのが遅かった気がします。
実際の蛹化は前日くらいかも。
0604_8yamatosijimi2
黒い小さな点が4つあります。かわいいな。
ヤマトシジミの蛹をちゃんと見るのは初めてです。うれしい、

0610_14sijimisanagi 6.10
朝7時ちょっと前。蛹が黒くなってる、もうすぐ羽化だ。
0610_16sijimiuka
昼頃羽化して、夕方5時頃にはもう出たがりました。
で、ケースの外から撮ったこの写真が最後。ケースの蓋を取った瞬間に飛び出していって、他に写真はありません。
いやあ、飼育というほどのものではありませんでしたが、ヤマトシジミの幼虫→蛹→成虫と見られてよかった。
カタバミはいっぱい生えてますから、丹念に見ればきっと見つけられるのでしょうが、小さくてね、低いしね、なかなかに難しいのです。

卵は以前一度見たことがあります↓
http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/post-3626-1.html
2012年7月13日 (金)「ヤマトシジミ」

また、一度だけベニシジミの幼虫ではないかというのを見たことがあります。
土の上を歩いていたのですが、幼虫図鑑を見たら多分ベニシジミだと後で知って、飼育してみたかったなと後悔しましたっけ。
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/youtyuu/HTMLs/benisijimi.html
ベニシジミ(紅小灰蝶)

« 夏至の翌日 | トップページ | ササグモ »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 夏至の翌日 | トップページ | ササグモ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ