« ヤツデ | トップページ | ハラナガツチバチ »

2017年6月20日 (火)

テントウムシ

0527_20tentousanagi1 2017.5.27
蛹のいろいろな姿をお目にかけます。
ナミテントウだと思いますが。確定ではありません。
0527_20tentousanagi2
横から。蛹は刺激に反応して動きますが、無駄にエネルギーを使わせたくない。
0527_21tentousanagi
別の葉にも。
0527_25namitentou1
ナミテントウの成虫。
0527w_4tentousanagi
2枚目と同じですが、クリアに撮れました。
0527w_10tentousanagi
こんなことも起こります。
威嚇なのでしょうか。
アブラムシを食べてくれるテントウムシですから、こういう姿を見たら大事にしてやってください。

どの写真でも、幼虫時代の脱け殻が蛹の後部に残っていますね。
では質問。
Q:チョウの蛹の腹端部に、幼虫時代の脱け殻は残っているでしょうか?
A:アゲハ、クロアゲハ、ナガサキアゲハ、アオスジアゲハ、ツマグロヒョウモン、モンシロチョウ、ツマキチョウ、ルリタテハなどの蛹を見たことがありますが、これらでは脱け殻は残っていません。(ほとんどの場合、と留保しておきますが)
蛹化するときの最後に、腹端部まで送った表皮を一瞬「またぐ」のです。で、脱ぎ落してしまう。
床から足全体を放すことなく靴下を脱ぐ、ということを想像してください。
爪先をつけたまま靴下を土踏まずあたりにまとめます。次いで、踵をつけて爪先を浮かせれば脱げますね。
こういう動作をするんですよ、チョウの場合。
テントウムシはこういう動作をしないので、脱け殻が残っているんですね。

« ヤツデ | トップページ | ハラナガツチバチ »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ヤツデ | トップページ | ハラナガツチバチ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ