« ポピー | トップページ | 中学の理科実験 »

2017年5月26日 (金)

クレマチス

0504_13clematis1 2017.5.4
ふと気づいたのですが。
花びらのように思っていたものの枚数がいろいろある。
0504_13clematis2
ほら。
0504_13clematis3
なんだかなぁ。
0504_13clematis4
花弁だったらそうそう枚数が異なるということはないでしょう。
たまにね。ドクダミの花弁が5枚あったりすることもありますけど。
いえ、ドクダミの白い花弁と見えるものは総苞片なんです。実は。
オシロイバナの花弁と見えるものは萼だ、というのも知っています。

そうなると、クレマチスも花弁の見えるものは花弁じゃないのかもしれない、と調べたら。
クレマチスには花弁はなく、花弁と見えるのは萼片だそうです。
実物を見ていて、なんだか変だなぁ、と気づいたところから勉強しました。
知らないことがどんどん増えていきますね。

↓花の構造がよく分かる解説です。部分引用します。ぜひお読みください。
「シュート」という概念が重要です。
http://www.asahi-net.or.jp/~zh7k-knk/study/flower/tukuri/tukuri.html

花のつくり 全体
シュート 
 1本の茎に葉がついているまとまりをシュートといいます。植物は、シュートに根がついているものであるといえますね。
 花は、このシュートから進化したといわれています。

花葉(かよう)
 シュートについている葉が、それぞれ、めしべ、おしべ、花弁、がく片、包葉などに進化していきました。
 これらの葉を花葉といいます。

« ポピー | トップページ | 中学の理科実験 »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ポピー | トップページ | 中学の理科実験 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ