« 4月の気温など | トップページ | ウリハムシ »

2017年5月 9日 (火)

山火事

昨日、岩手県釜石市で山火事が発生しました。

山火事広がり避難指示 自衛隊に派遣要請 岩手 釜石(NHK 5月8日 15時15分)
 ・・・
 8日午前11時55分ごろ、釜石市平田の山林から火が出て周辺に燃え広がりました。現場は山の中で近づくための道路がないうえ、火の勢いが強いため消火活動は難航し、釜石市は午後2時50分に尾崎白浜地区と佐須地区の136世帯348人に避難指示を出しました。
 ・・・
 盛岡地方気象台によりますと、釜石市では、午前10時40分すぎに25.9メートルの最大瞬間風速を観測しています。
 ・・・

夕方の民放の森田さんの気象情報で、この火事の煙が気象衛星の画像に写っていると話していました。
20170508eiseigazou
気象庁のサイトから16:30の画像をとってみました。
釜石のあたりから太平洋にうっすらと白い筋が流れていますが、それとわかっていないと判別は難しいかも。
で、ウェザーニュースのサイトを覗いてみました↓
https://weathernews.jp/s/topics/201705/080105/

東北太平洋側で大規模火災
2017/05/08 17:06 ウェザーニュース
8日(月)、岩手県釜石市で発生した大規模な山林火災が発生。その様子は気象衛星ひまわり8号でも捉えられています。

画像のURL↓です。
https://smtgvs.weathernews.jp/s/topics/img/201705/201705080105_top_img_A.jpg?1494229794
これだと確かに煙が流れているのが見えます。
火山の噴火とか流氷とか、いろいろな地表現象が気象衛星で捉えられます。
こんな画像を使って授業やってみたかったな、という「未練」もないわけではない。
教師になって最初は中学で理科を教えました(40年以上も昔)。第2分野の気象関連のところで、当時の人工衛星写真、解像度も低かったのですが、そういう写真集を買ってきて、教室に持っていきましたよ。「地球を見る」というのがまだ珍しかった時代ですから。雲画像から風の流れを読み取ったり。そう、NHKラジオの気象現況をカセットテープに録音していって、教室で再生し、それを聞きながら天気図を書くという実習もやらせましたっけ。思い出しました。
閑話休題。ウェザーニュースの続き

 ・・・
今回の火災のポイントは強い西よりの風とフェーン現象による乾燥です。
乾燥により燃え移りやすい状況となっており、強い風で燃え広がったことで大規模火災へと発展しています。
また、風が強いことが、消火活動をも困難にしている側面もあるようです。
▼最小湿度
 石巻 27%、仙台 17%
 宮古 21%、大船渡 22%
▼最大瞬間風速
 釜石 25.9m/s、白石 27.8m/s
今回のように、強い山越えの風が吹く時は、火が燃え広がりやすい条件が揃うため、特に注意が必要です。

東京の私は昨日はそれほど強い風を意識していませんでしたが、東北ではすごかったんですね。
2017kaze
これはNHKのニュースのタイトル画像。
風の流れを視覚化したもの。
なるほど、すごい西風だったようです。
これではフェーン現象が起きます。乾燥した高温の風が吹きおろす。大火・山火事のパターンです。
去年12月の糸魚川市の火災もフェーンの下で燃え広がったのでした。
今回の山火事、今の時点ではまだ収まっていないようです。早く消火が完了しますように。地元の方々、消火に当たられる方々の無事をお祈り申し上げます。

★地球規模から日本周辺まで範囲を変えながら可視化されて風の様子が見られるサイトがあります。
よかったらどうぞ↓
https://earth.nullschool.net/jp/

フェーン現象についての簡単な解説です↓
http://www.jma-net.go.jp/matsue/chisiki/column/phenomena/foehn.html

« 4月の気温など | トップページ | ウリハムシ »

理科おじさん」カテゴリの記事

コメント

天気図、で反応してしまいました!ラジオの気象
現況を聞くのが大好きだった私は、天気図を
書きたくなり、学習用の天気図を作っている会社
問い合せたことがありました。でも電話口の人に、
「もう天気図は販売していません。アメダスもある
し、ネットもある。もっと違うところから情報を得た
ほうが早いですよ。ラジオを聞いて天気図に落とし
ていくって大変ですよ」というようなことを言われました。
かかしさんは授業でそれをされていたんですね。
学生たちがうらやましいです。気象を学びたいと
思って、本を探したのですが、教科書では説明が
少ないし、売っている本は、雑学的なことをかいつ
まんでいるだけでつまらない。かかしさんの記事
はいつも原理原則を教えてくださるので、私の大切な先生です。フェーン現象の話、とても面白かっ
たです。

昔は、船舶関係者や登山者など、自分で天気図をかいて、気象の状態を自分で判断したものでしたね。今はいろいろな視覚的情報は増えましたが、やはり基本は天気図だと思っています。観天望気と天気図。古いかな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 4月の気温など | トップページ | ウリハムシ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ