« 陸自機不明 患者は陸路で搬送 | トップページ | オニタビラコ@プール »

2017年5月17日 (水)

タケノコ

0424_11takenoko1 201.4.24
水車を回している水路、東光院の塀側の岸。
タケノコが出ていたそうで。妻、撮影。
0424_11takenoko2
伸び伸びと育っています。
0424_11takenoko3
もっともっと伸びるぞ。

★こんなに育ったら、もちろん食べられませんが。
この頃は「えぐい」という言葉は死語になりましたか?
タケノコの味の話で、「苦い」という表現を聞いたようです。
「いがらっぽい」とか「えぐい」というのは「のどの感覚」なんですがね。

えぐ・い【い】ヱグイ
①あくが強く、のどをいらいらと刺激する味がある。えがらっぽい。〈倭名類聚鈔[17]〉。「この里芋は少し―・い」
②気が強い。また、冷酷である。洒落本、列仙伝「おなごだてら此中間へ入り、根つからよめりせず立て歩く―・いしろもの」。洒落本、二日酔巵「おまへも―・い与太郎ぢや」
広辞苑第六版より引用

えぐ・い〔ゑぐい〕【×蘞い/×醶い】 の意味 出典:デジタル大辞泉
    [形][文]ゑぐ・し[ク]
    1 あくが強くて、いがらっぽい感じがする。えがらっぽい。「山菜を食べたあと、のどが―・い」
    2 俗に、むごたらしいさま。また、どぎついさま。「―・い描写」
    3 我が強くて思いやりのないさま。きつい。
        「では何か…、―・い事でもお言いなしたのですかい?」〈三重吉・小鳥の巣〉

いがらっぽ・い
  {形容詞}のどがいらいら刺激される。えがらっぽい。{派生語}いがらっぽさ{名詞}。
パーソナル現代国語辞典より引用

いがらっ‐ぽ・い
[形]えぐくて辛い。えがらっぽい。
広辞苑第六版より引用

こういう感覚は、子ども時代に親の言葉を聞いて覚えるものでしょうね。
甘いとか酸っぱいとかは、いくらでも覚えられますが、「えぐみ」とか「いがらっぽい」というのは学習するチャンスが少ないですからね。知らない人も増えたかも。

« 陸自機不明 患者は陸路で搬送 | トップページ | オニタビラコ@プール »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 陸自機不明 患者は陸路で搬送 | トップページ | オニタビラコ@プール »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ