« 桜坂 | トップページ | 花盛り »

2017年4月24日 (月)

ツマグロヒョウモン幼虫

0406w_13tumaguro 2017.4.6
今年のチョウの幼虫飼育第1号になります。
もう終齢ですね。けばけばしいんですよね。
終齢幼虫の食欲はものすごいですから、スミレの一株くらいすぐ食べ尽してしまう。
で、地面を歩いて次の株を探す。ということで、結構歩いている姿を見ることもあるのです。
他のチョウだと、地面を歩くのは蛹化直前の「ウォンダリング」の時くらいですが。

以前の投書

(ひととき)毛虫様、ごめんね(朝日新聞デジタル 2015年11月25日05時00分)
 秋晴れの午後、花を植え替えようとベランダに出てみると、黒くてオレンジの斑点がある毛虫が鉢にたくさんいた。毛虫に食われた葉っぱが心細そうに私を見ている。
 花は私の大好きな濃い紫色の、丈が長めの凜としたスミレだ。毛虫に食われてたまるものかと割り箸で退治した。・・・
 次の朝・・・。ベランダに出るとまだいるいる。・・・毛虫、スミレと調べるとツマグロヒョウモン。そうだったのか。あのきれいなチョウがスミレに卵を産み付けたのか。さらに次の日、そのチョウはベランダの周りを飛び回り、私の子はどうしたの、と家の中まで来た。もう箸でつまんだりしないから、ごめんね。そのままにした。・・・

スミレやパンジーなどを栽培していると、出現するんですね、けばけばしいのが。色もすごいし、トゲトゲが痛いんじゃないか。いえ、これ刺さりません、柔らかいんです。
是非とも、よろしくお願いします。

« 桜坂 | トップページ | 花盛り »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 桜坂 | トップページ | 花盛り »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ