« 花盛り | トップページ | ツツジの葉芽 »

2017年4月25日 (火)

ハナモモ

0407_2hanamomo 2017.4.7
これがあでやかでしてね。
プレートが立っているので自信をもって「ハナモモ」といっていますが、それがなければ今頃「なんだろう?」と考え込んでいたでしょうね。名前のプレートは必須ですね。

https://www.shuminoengei.jp/m-pc/a-page_p_detail/target_plant_code-106

ハナモモは、花を観賞するために改良されたモモです。サクラの花の咲く時期に前後して開花の最盛期を迎え、あでやかなピンクや赤、白の花が春の庭を彩ります。モモは古来より中国では災いを除き、福を招くとされてきました。日本への渡来は古く、弥生時代といわれています。『古事記』にもイザナギが黄泉の国から逃げ帰るときに悪鬼にモモを投げつけて退散させたとあることから、古い時代から栽培されていたことがうかがえます。その後、平安時代には3月3日の桃の節句が祝われ、モモの花が観賞されるようになりました。
このようにモモは太古から日本人に親しまれてきましたが、観賞用のハナモモとして改良が行われるようになったのは江戸時代に入ってからです。現在もハナモモの品種改良はあまり進んでおらず、栽培されている園芸品種には江戸時代に作出されたものが多くあります。
・・・


« 花盛り | トップページ | ツツジの葉芽 »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 花盛り | トップページ | ツツジの葉芽 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ