« モンシロチョウ | トップページ | ハナニラに来た昆虫 »

2017年4月10日 (月)

ハナニラ

0323_21hananira1 2017.3.23
前の記事でモンシロチョウがとまったハナニラは、ほぼ自生状態です。
連れてきたのは私共ですが、あそこへ植えてからはほったらかし。
で、ほとんど白い花なんですね。で、妻が物足りないという。
東横線沿線の種苗店へ出かけていって、色が違うはずの株を買ってきた。
0323_21hananira2
園芸的にはこういうようですね。初め、こりゃなんだい?と妻に訊いたら、ハナニラよ要するに。とのこと。ふ~ん。
で冒頭の写真のように、なんだか少し雰囲気の違うつぼみが開きかかりました。

0324_18hananira 3.24
はい、こういう花。なるほど。
白っぽいけど線が入っている。

0330_3hananira1 3.30
あれ!こんな花も咲いた。

更に
0406_8hananira 4.6
赤というか赤紫というかピンクというか、こんな花も咲きました。
私が先に気づいて報せたら、さっそく妻も見に行って大喜び。
0406w_12hananira1
これは楽しい。
0406w_12hananira2
こうなると、ハナニラというよりも、アイフェイオンという片仮名の名前の方が、似合うかな。
おしゃれですね。まだまだ楽しめそうですよ。

https://www.shuminoengei.jp/m-pc/a-page_p_detail/target_plant_code-383

ハナニラ(イフェイオン)の基本情報
学名:Ipheion uniflorum
和名:ハナニラ(花韮)  
科名 / 属名:ネギ科 / ハナニラ属(イフェイオン属)

特徴
ハナニラは、道端や花壇に植えっぱなしにしておいても、春に藤青色からピンク、白の星形の花をよく咲かせる、非常に丈夫で手間いらずな植物です。葉や球根を傷つけると、その名のとおりネギやニラのようなにおいがします。イフェイオン属は南アメリカに約25種が分布する球根植物で、最もよく目にするのはユニフロルム(Ipheion uniflorum)で、日本ではハナニラと呼ばれています。

ここではイフェイオンといってますが、より英語的にはアイフェイオンでしょうね。
清楚にして華やかだな。

« モンシロチョウ | トップページ | ハナニラに来た昆虫 »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« モンシロチョウ | トップページ | ハナニラに来た昆虫 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ