« 高気圧・低気圧の色分け | トップページ | ハエ »

2017年3月15日 (水)

オオイヌノフグリ

0303_12ooinunohuguri 2017.3.3
これは庭に置いてある鉢に同居しているオオイヌノフグリ。
左の小さな白い花はタネツケバナですね。棒状の実が一緒だとわかりやすいのですが。
いや、棒状の実もあるんですけどね。白い↑で指しているのが、稚い実です。目立ってないな。
葉の姿が愛嬌がありますね。かわいい。
0303_15ooinunohuguri
こちらは道路と線路柵の境の割れ目に出てきたオオイヌノフグリ。
花は可憐なのにその名の由来となった「ふぐり」状の実の中に種子ができます。
その種子にはアリが好むエライオソームというものがついていまして、アリに運んでもらって生息範囲を広げるという戦略なんですね。多分その戦略にのったアリが、線路柵の線路側にあったオオイヌノフグリの種子を運んできたのでしょう。
歩けない種子が、ここまで出てきましたよ。

↓参考。写真が豊富です。
http://matsue-hana.com/hana/ooinunohuguri.html

« 高気圧・低気圧の色分け | トップページ | ハエ »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 高気圧・低気圧の色分け | トップページ | ハエ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ