« 金環日食 | トップページ | カタバミ? »

2017年3月 1日 (水)

スイセン

0217w_3suisen 2017.2.17[C]
妻が撮影してきたものです。草丈がちょっと分かりづらい。
普通のスイセンよりは低いようです。スイセンの品種も多いですからね。

0218_2suisen 2.18[S]
これは明らかに「矮性」のスイセン。すっごく背が低い。
調べて見たら↓
http://www.aiaipark.co.jp/kanri/narcissus.php

ミニ水仙ティタティタ(テータテート)の育て方
● 分類:ヒガンバナ科スイセン属 耐寒性球根
● 学名:Narcissus cyclamineus cv. Tete a tete
● 英名:daffodil, narcissus
● 原産地:地中海沿岸
【特徴】
日本水仙(ニホンズイセン:Narcissus tazetta ver.chinensis)は房咲き水仙(Narcissus tazetta)の仲間で、1本の茎にいくつもの花をつけます。これに対してキクラミネウス系(Narcissus cyclamineus)は1つの茎に普通1つの花をつけ、花びらが反り返ります。テータテート(Tete a tete)はその園芸品種(1つの茎に2~3個の花がつくものもあるよう)です。名前の「Tete a tete」は、「テート:tete」の部分が古いフランス語の「頭」という意味の単語から来ていて、頭を寄せ合う様を表すのだそうで、内緒話をするとかいう意味だそうです。群生する花の姿をたとえたようです。カタカナ表記はいろいろで、「ティタテイト」や「ティタティタ」「チタチタ」などがあります。

「Tete a tete」という品種のようですね。
地面では低すぎます。花の顔を見てあげられない。
鉢植えにして高いところに置いてあげた方がいいかも。
かわいいですよ。

« 金環日食 | トップページ | カタバミ? »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 金環日食 | トップページ | カタバミ? »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ