« ジャノメエリカ | トップページ | ジンチョウゲ »

2017年2月21日 (火)

黄色い電車に乗りました!ラッキー!

本屋散歩の行きは妻と一緒。私は本屋へ、妻はスーパーへ、という目的。
のんびりと駅に入って、時間的に早かったので、1本やり過ごそうと思ってとぼとぼ歩いていましたら、黄色い電車が入ってきました。普段「私には急ぐという言葉はない」などと言っている私ですが、さすがに急ぎました。間に合って最後尾の車両に乗りましたら。
0211_4densha1_2 2017.2.11[S]
吊輪が木製。ふ~ん。蛍光灯は赤味の強いものを使って、電球のイメージを出そうとしている。「レトロ調」を狙っていますね。
0211_4densha2
吊り広告みたいな「銭湯」。
0211_4densha3
男湯
0211_4densha4
女湯
で、東急線沿線の銭湯の一覧がぶら下がっていました。
何かイベントがあるのか、それとも銭湯がレトロ調にマッチするのか。よくわかりませんでしたが。
0211_4densha5
黒湯の解説。大田区民としては一応、黒湯は知っています。
私のような爺さんがコンデジ出して車内を写していても、まさか「盗撮」とは思われる気遣いはない、と撮影していました。
「体の不自由なお年寄り」ですからね。
私の子どもの頃は、内風呂はなく銭湯へ通いました。体重計の目盛りは「尺貫法」で、体重は「貫」でしたね。肉は「匁」でしたね 。
0211_4densha6_2
降車間際に車両の端へいって、一枚。
製造は1991年、改装は2016年と。なるほど。
0211_4densha7
降りてから夫婦二人で「撮り鉄」になりまして、誰もいないホームで、電車を撮って遊んでました。
0211_4densha8
なるほど、レトロですな。
しかし、1991年製の電車がでレトロ調となると。
1948年製の爺さんは何と呼ぶべきか。レトロどころじゃなさそうだ。
遺物かね、化石かね。60年も前の記憶があるんだから、やっぱ、フルイヨナぁ。

↓参考

(各駅停話:831)東急池上線:9 雪が谷大塚 昭和漂う、きになる電車(朝日新聞デジタル 2017年1月14日16時30分)
 ・・・(前略)
 雪が谷大塚駅から車両基地に目を向け、ひときわ目立つのが、外装を濃紺と黄色でデザインした3両編成。昨春、更新期の車両をリニューアルした「きになる電車」だ。昭和20~30年代の池上線の塗装を復刻させ、内装は当時の木目調に、つり輪は木製に、電球色の照明を使うことで温かみを持たせた。池上線のほか、車両を共用する東急多摩川線でも乗車できる。
 ・・・こだわりが詰まった「きになる電車」は今のところこの1編成だけ。「お客様には『乗れたらラッキー』と思って頂けたらうれしい」

ハイ、乗れてラッキーでした。

« ジャノメエリカ | トップページ | ジンチョウゲ »

人事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ジャノメエリカ | トップページ | ジンチョウゲ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ