« コギクとアブラムシ | トップページ | キジラミ »

2017年2月 9日 (木)

スイカズラ

0128_4suikazura 2017.1.28
スイカズラが「冬を忍ぶ」姿です。
葉芽が少しずつ伸びてきたようですね。
季語としては夏ですが、常緑蔓性木本ですから、冬だってこうやって活動しているのです。

すい‐かずら【忍冬】スヒカヅラ
スイカズラ科の常緑蔓性木本。山野に自生し、ときに観賞用に栽培。全株に褐色の細軟毛を密生。初夏、芳香のある白色または淡紅色の唇形花を開き、のち黄色に変わる。黒色の液果を結ぶ。茎・葉を乾したものは漢方生薬の忍冬にんどうで、利尿・解毒・解熱薬、花を乾して吹出物などの洗浄用とする。葉が冬でもしぼまないので、忍冬の名がある。金銀花。<季語:夏>。
広辞苑第六版より引用

« コギクとアブラムシ | トップページ | キジラミ »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« コギクとアブラムシ | トップページ | キジラミ »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ