« ランタナ | トップページ | キゴシハナアブ »

2017年1月12日 (木)

立春へ向かって

(東京での話になります)
★現在日の出が一年で一番遅い時期です
日の出時刻:1/1~1/13は6:51
朝7時前に日の出です。明日までですね。
朝起きると真っ暗、という状態がだんだん明るい方へ向かいます。

日の入りについては
去年の11/28~12/12は16:28でしたが
今日、1/12の日の入りは16:48になっています。

20分も遅くなりました。
4時を過ぎると暗くなってきたと感じていたのが、5時近くまでになっています。

冬至(12/21)を過ぎて以降、太陽エネルギーの流入量は少しずつ増えてはいるのですが、熱を失う方がまだ勝っていて、気温は下がり続けていました。
そうして冷えていって、冷え切る時期が目前です
東京での最高気温の「底」は 1/18~1/27の 9.3℃
最低気温の「底」は1/23~1/28の 0.7℃

です。
気温の値はもちろん全国各地で異なりますが、気温の底を迎える時期はほぼ同じ。
そして2月に入り、立春の2/4頃には、少しずつ気温が上昇し始めます。
Heinenkion 東京の平年気温のグラフです
グラフでそのあたりを確認してください。
暖まっていく速度よりも冷えていく速度の方が速いようですね。
グラフの傾きが急な方が速いのです。
なだらかに上がって行って急激に下がっています。
12月下旬の冬至を過ぎて1カ月位で冷え切って、立春ころからは暖まり始める。
6月下旬の夏至を過ぎて1カ月ちょいで暖まり切って、立秋を過ぎるころからは冷え始める。
こういう気温変化のサイクルを頭に置いて日常生活を送るのも楽しいものですよ。

↓ここに、世界各地の気温や降水量などのデータやグラフがあります。なかなかの見ものでした。よろしかったらご覧ください。
http://www.data.jma.go.jp/gmd/cpd/monitor/mainstn/obslist.php
世界の気候表(2016年11月)

このページでは、気象庁が受信を開始した1982年6月以降の世界の主な地点(103地点)について、月平均気温と平年差、月降水量と平年比を一覧表で示しています。「---」は気象庁で観測データを受信できなかったことを表します。 表中の「地点名」をクリックすると、「世界の天候データツール(ClimatView)」の平年値の年間推移グラフが表示され、CSVファイルとしてもダウンロードできます。 日本国内のデータの取得については 過去の気象データ検索をご利用ください。

« ランタナ | トップページ | キゴシハナアブ »

理科おじさん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ランタナ | トップページ | キゴシハナアブ »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ