« ジンチョウゲ+ | トップページ | 擬人化 »

2017年1月16日 (月)

鉢のイチョウ

1224_20ityou 2016.12.24
鉢植えのイチョウのワンシーン。
最後の葉と冬芽。
冬、裸になった木を見かけたら、是非近寄って眺めてください。
決して枯れたわけではなく、春への準備を静かにゆっくり進めている姿を観賞できますよ。
生きるということは化学反応のシステムなんです。
化学反応は温度が低いとゆっくりになる。
ですから、植物や変温動物は冬場、「ゆっくり生きる」のです。
私共「ヒト」のような恒温動物は体温を高く保って、化学反応の速度を一定に保って「かけぬけるように生きる」。走り続けるしかない生き方って、疲れますよね。
アイドリングストップの効かない生き方です。
どちらが優れているというわけでもなし。
お互いの生き方を受け入れましょう。

« ジンチョウゲ+ | トップページ | 擬人化 »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ジンチョウゲ+ | トップページ | 擬人化 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ