« サンタクロース | トップページ | 月と金星 »

2016年12月16日 (金)

キクキンウワバ蛹の寄生バチ

http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2016/12/post-1f4f.html
2016年12月 2日 (金)「キクキンウワバ繭」

この状態で小さめのケースに入れて越冬させ、春になったら羽化してくるかな、と待つことにしました。

↑こういうことで、ケースに入れておいたのですが、突然、寄生バチ大発生。
1203_18kiseibati 2016.12.3
蓋を開けたらわぁっと飛び出すでしょうから開けられない。
外からの撮影。200匹や300匹はいるんじゃないか。

1204_1tumaguro 12.4
とにかく小さいのです、1mmちょいかな。
肉眼ではハエかハチかさえはっきり見定められない。
こうやって接写してみて、触角の感じからするとおそらくハチだろうと思います。

1204_4kiseibati 12.13
かわいそうですが、餓死させました。
「寄生」というのも、生き方の一つではあるのですし、そうやって生き継いできたのですから、仕方はないんですけどね。チョウやガを育てて楽しむオーレリアン夫婦としては、寄生者を排除せざるを得ないのです。

寄生されていたキクキンウワバの幼虫。まったく「数奇な虫生」でした。
かなり悲しい。

« サンタクロース | トップページ | 月と金星 »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« サンタクロース | トップページ | 月と金星 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ