« ホトケノザ・ヤエムグラ | トップページ | ツマグロキンバエ »

2016年12月 9日 (金)

バラ

1126_16bara 2016.11.26
前回、散歩を遠くしたときにも書きました。
ここのバラの花を見ると、家に戻ってきたな、と感じる花。
数は少ないのですが、ずっと咲いていてくれます。優しい思いやりの花だな。

「冬の薔薇」というファンタジーや歌もあるんでしたっけ。
「薔薇」というのは夏の季語だそうですが

ふゆ‐そうび【冬薔薇】‥サウ‥
冬に咲くバラ。ふゆばら。<季語:冬>
広辞苑第六版より引用

こういうのもあるそうで、季語にこだわることはないでしょう。
その時々に心をうつものを詠めばいい。読む方は、その句から自分の心の中に湧いてくるものを観賞すればいい。観賞を縛ることはないでしょう。

« ホトケノザ・ヤエムグラ | トップページ | ツマグロキンバエ »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ホトケノザ・ヤエムグラ | トップページ | ツマグロキンバエ »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ