« ツマグロキンバエ | トップページ | サンタクロース »

2016年12月15日 (木)

博多人形のサンタクロース

↓こんな記事がありました。

サンタさんは博多人形、ベルトに「福」 限定販売に行列(朝日新聞デジタル 2016年12月8日14時29分)
 福岡市のJR博多駅前などで開催中の「クリスマスマーケット」で6日、サンタクロースの博多人形300個が限定販売され、買い求める行列ができた。
 博多人形師の中村信喬(しんきょう)さん(59)がプロデュースした和洋折衷のサンタ。手のひらサイズで、ベルトのバックルには「福」の文字が刻まれている。
 「大黒様みたいでしょう。『福』の字がつく福岡に来て、幸せなクリスマスを迎えてもらいたい」と中村さん。博多の新たな縁起物として喜ばれそうだ。

いやこれがかわいい。
Sanntaninngyou
クリスマスマーケットのサイトから引用。
「大きな袋を肩にかけ♪」ですよね。
大黒様がサンタのコスプレ、かな。
ひょっとして国際サンタクロース協会の公認を受けたんじゃないか、大黒さんは。
写真だけでなんだか幸せ気分になれました。

参考
http://fanfunfukuoka.com/town/66156/
↑クリスマスマーケットのHPです。

↓グリーンランド国際サンタクロース協会日本支部の公式サイトから
http://www.japan-santa.com/himitu/

   永遠の命を持つ長老サンタクロース
北極の近くにある世界でいちばん大きな島「グリーンランド」には、永遠の命を持つ長老サンタクロースが住んでいると言われています。昔は1人で世界中の子どもたちにプレゼントを配っていましたが、それもだんだん難しくなってきたそうです。そこで、今から約50年前の1957年に「グリーンランド国際サンタクロース協会」をつくりました。協会には長老サンタクロースからを受けた世界各国の公認サンタクロースが所属していて、みんなで手分けをして様々な活動をしています。
   世界各国の公認サンタクロース
世界で唯一本物のサンタクロースが在籍する「グリーンランド国際サンタクロース協会」には、北欧のデンマーク、スウェーデン、ノルウェーを中心に、ドイツ、スイス、オランダ、カナダ、アメリカ、フランス、イタリア、エルサルバドル、スペイン、日本などに支部があり、2013年現在で約120人が活動をしています。ちなみに(2013年現在)オーストラリアを含むアジア地域には、たった1人しか公認サンタクロースがいません。それが、にっぽんのサンタさんなのです。

« ツマグロキンバエ | トップページ | サンタクロース »

人事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ツマグロキンバエ | トップページ | サンタクロース »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ