« ソヨゴ | トップページ | 桐 »

2016年11月30日 (水)

ムラサキカタバミ

1112_25murasakikatabami1 2016.11.12
カタバミの園芸品種を前回ご紹介しましたが、これは線路際に自生するムラサキカタバミ。
線路際まで来たということは、帰り道に入って、後は線路沿いにまっすぐ歩けば帰宅できる。
今回の散歩の終盤にかかりました。
写真に収めた範囲以外にもいっぱい咲いていました。
1112_25murasakikatabami2
美しい。
でも結実しないそうです。知りませんでした。
wikiから引用します。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A0%E3%83%A9%E3%82%B5%E3%82%AD%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%83%90%E3%83%9F

 ムラサキカタバミ(紫片喰、紫酢漿草、学名 Oxalis debilis Kunth subsp. corymbosa (DC.) O.Bolos et Vigo, 1990)は、カタバミ科カタバミ属の植物。
南アメリカ原産であるが、江戸時代末期に観賞用として導入されて以降、日本に広く帰化している。
・・・
 背丈は約30cm、地下に鱗茎があり、地上には葉と花柄だけを伸ばす。葉は三出複葉、小葉はハート形、裏面の基部に黄色い腺点がある。地下の鱗茎の下部から太いやや透明がかった牽引根を出す。この牽引根と鱗茎の間に木子(微細な小球根)をびっしりと付け非常に旺盛な繁殖をする。牽引根が夏場に縮み、木子を広げていく。日本では夏場になるとサビ病が多発してその後夏場は休眠する場合が多い。
 花は主に春~初夏に咲き、葉の間から伸び出した花柄は葉を越えて伸び、先端に数輪を散形花序につける。花は青みのある濃い桃色で花筒部奥は白く抜け、花の中心部に向けて緑色の筋が入る。植物体の栄養状態や環境に起因して花色が異なる場合もあるが、同じ環境で育ててみると殆どが同じ花色になってしまう。日本では本種は種子を付けない。繁殖は牽引根と鱗茎の間に無数に生じる木子で行われる。

↓日本植物生理学会のサイトです。
https://jspp.org/hiroba/q_and_a/detail.html?id=3070
ムラサキカタバミの繁殖

« ソヨゴ | トップページ | 桐 »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ソヨゴ | トップページ | 桐 »

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ