« キンケハラナガツチバチ | トップページ | 団栗のスタビリチー »

2016年10月11日 (火)

ムラサキシキブ

0927_14murasakisikibu 2016.9.27
ご近所のムラサキシキブが熟してきました。

http://www.yasashi.info/mu_00003.htm
↑ヤサシイエンゲイの「ムラサキシキブ(紫式部)」の項です。

ちなみに江戸時代の初期にはまだムラサキシキブの名はなく、「みむらさき(実紫)」「たまむらさき(玉紫)」と呼ばれていました。

ふ~ん、と広辞苑を引いてみたら実紫はありましたが、玉紫はありませんでした。

み‐むらさき【実紫】
ムラサキシキブのこと。秋、小さな丸い実が群がって美しい紫色に熟す。<季語:秋>
広辞苑第六版より引用

「玉紫」の方が個人的には好きだな。

たま【玉・珠・球】
①美しい宝石類。多くは彫琢ちょうたくして装飾とするもの。万葉集[3]「夜光る―と言ふとも」。「掌中の―」
②真珠。しらたま。今昔物語集[9]「母のかざりの箱の中を見るに、大きなる―あり」
③美しいもの、大切なもの、またはほめていう意を表す語。源氏物語[桐壺]「世になく清らなる―のをのこ御子」。「―の声」「―垣」
④まるいもの。球形のもの。「飴―」「―の汗」「うどんの―」
広辞苑第六版より引用

①②③の意味を包含して、「玉」+「紫」の実というのがいいなあ。

« キンケハラナガツチバチ | トップページ | 団栗のスタビリチー »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« キンケハラナガツチバチ | トップページ | 団栗のスタビリチー »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ