« ブーゲンビリア | トップページ | フヨウ »

2016年9月 8日 (木)

向こうへ行くには越えなきゃね

http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2016/08/post-7ef1.html
2016年8月29日 (月)「おそれ」「可能性」

↑ここで、8月29日の時点で太平洋側にある台風が、31日には日本海側にある、と予報しているのに「上陸の恐れがある」というのは変でしょ、と書きました。

これ、高校数学で習うはずの「中間値の定理」の、現実世界での具体化バージョンなんですよ。
↓中間値の定理
http://mathtrain.jp/tyukan

中間値の定理:a≤x≤b で連続な関数 f(x) を考える。 f(a) と f(b) の間にある任意の実数 k に対して,
f(c)=k となる c(a≤c≤b) が存在する。

グラフを書けば当たり前な定理です。日本語で言うならば「高さの違う2点を結ぶとき,その中間の高さを絶対に一回は横切る」ということになります。

このページに、わかりやすい図もありますので、図を見に行ってください。
この定理。ちゃんと証明しようとすると、高校のレベルではちょっときついのですが、直感的には自明。
Xxx3xx3
これ、以前何か別の話で作ったグラフですが。再利用。
y軸負の領域から、y軸正の領域へ行こうと思ったら、どうやったってx軸を横切らなければなりませんよね。
Xxxx
この場合3回横切っています。
極小値や極大値がx軸に接するということ(重解の場合)はありますが、少なくとも1回は横切らざるを得ないのです。

これを当たり前だと感じる方は、台風の場合もご理解いただけるでしょう。
日本列島の太平洋側にいる台風が、何日か後に日本海に行くためには、どうしても日本列島を横切らないわけにはいかないのです。これって数学の話じゃないような気もする。日常生活の常識ではないでしょうか。

★参考
http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2015/01/post-7f11.html
2015年1月28日 (水)「√2 の話:その15:√2の求め方。★ちょっと凝った考え方:その1「二分法」」
ここでこんなことを書いています。

√2はf(x) = x^2 - 2 という曲線がx軸と交わる点の座標です。
√2の真値を挟むaとbという区間を考えます。
実用上はa=0、b=2で構いません。
0<√2<2 ですので。
aとbが真値を挟んでいることはf(a)*f(b)<0でわかるわけですね。

これ、中間値の定理と明言しませんでしたが、使っています。
2項の積が負の場合、どちらかが正でどちらかが負です。
2項の積が正の場合、ともに正かともに負です。
プログラムでよく使う手なのです。

IF f(a, n)*f(c, n) < 0 THEN

プログラムのこのif文が具体的な表現です。
「f(a, n)*f(c, n) < 0 」が成立していたら、aとcの間で曲線がx軸と交わっているのです。
Nibun2

もし不成立の場合は
Nibun1
こうなので、今度はcとbの間で交わっている。

方程式の解をプログラムで求めるときなどには、この考え方は欠かせません。

« ブーゲンビリア | トップページ | フヨウ »

理科おじさん」カテゴリの記事

コメント

予報はあくまで「可能性」で確率の話なので、それを前提にした動きもまた「断定」はできない、なのでおそれ、ということではないでしょうか。

コメントありがとうございます。言葉の意味をうまく限定することは難しいですね。特に災害に絡むときには注意が必要だと痛感します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ブーゲンビリア | トップページ | フヨウ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ