« ヤガタアリグモ | トップページ | シコンノボタン »

2016年8月 8日 (月)

黄経135度日=いわゆる立秋

昨日8月7日は立秋でした。
高温注意報だらけの中で、立秋かよ、これだから古い暦は困るよな。
というような声が聞こえてきそうですね。

いえ、季節を生み出すのは太陽。月の暦だけでは、暦と季節が一致しないのです。
ですから、月の暦に太陽の位置を書き込んだのが二十四節気なのです。
二十四節気は太陽暦ですから、現在使っている「新暦=太陽暦」で、二十四節気は毎年ほぼ同じ日になるのですね。月の暦ではこうはいきません。

今年の立秋は8月7日10時53分でした。
え?何それ?
太陽黄経が春分点を0度として、「135度」になる時刻です。
夏至点からは45度進んだことになりますね。
その時刻を含む日を、立秋と呼んでいます。

立夏から夏至を経て立秋へ。太陽の南中高度は7度上がって7度下がるだけ。
高い角度から太陽エネルギーを受けて、蓄熱し、気温が上がって、立秋前後が年間で一番気温の高い時期になります。
よく「大暑」のときに、年間で一番熱いころとされます、という解説をしますが、あれはウソ。
一番エネルギー流入量の大きな夏至の頃から45度=約45日たって、暖まりきったのです。
そして、ピークを過ぎれば下がり始める。
まさしく、立秋あたりを過ぎると、気温が下がり始めるのです。徐々に、ではありますが、確実に秋は立ちました。

Tokyo
これは東京の7月8月の平年気温のグラフです。
立秋の前後が最高気温も最低気温も年間の「ピーク」なんです。
立秋をすぎてちょっとすると、わずかずつ、気温が下がり始めるのです。
そりゃ暑い日涼しい日もありますが、長い期間の平均を取ってみると、立秋を過ぎると確実に気温の低下が始まるのです。
それは東京だけのことじゃないんですか?といわれそうですね。
Kagosima
これは鹿児島の7月8月です。
ピークが少し幅広いですが、やはり立秋を過ぎてちょっと経つと気温が下がり始めますね。
Wakkanai
これは稚内の7月8月。
ピークが少し遅れて10日ごろからですか、でピークの幅は狭い。
でもまあ、傾向としては同じといっていいでしょう。
立秋を過ぎてしばらくすると、秋が始まる。
日本中、この傾向はほぼ同じです。

まさに「立秋」は「秋が立つ頃」なのです。まだ暑いのは当たり前なのですね。

「太陽の位置が春分から135度進んだ日」の名前であることを、ご理解ください。
適切なネーミングだった、と私は思います。

★立秋を過ぎると、日の入りの時刻がぐんぐん早くなります。
秋分では立秋より約1時間早くなるんですね。夕方が早く来る。これは生活で実感できます。
              日の出 日の入り
立秋 (8/7)  4:54   18:39
秋分(9/22)  5:29   17:38

理科年表から、二至二分四立の近くの日の太陽南中高度を抜き出してみました。{計算は難しくないけど、めんどくさかったので。}角度単位は「度」です。
  2/5    38.14
  3/20   54.43
  5/5    70.41
  6/19   77.46
  8/8    70.23
  9/22   54.33
11/6    38.17
12/21   30.56
立春から冬至まで。
立秋を過ぎると、太陽がどんどん低くなりますね。影が長くなる、といっても同じ。

季節を光で感じて、お楽しみください。

« ヤガタアリグモ | トップページ | シコンノボタン »

理科おじさん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ヤガタアリグモ | トップページ | シコンノボタン »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ