« 白髭咲き朝顔 | トップページ | カナヘビ »

2016年8月12日 (金)

クサギカメムシ孵化

0728_6kusagikamemusi1 2016.7.28
フヨウの葉の裏です。
妻が見つけて報せてくれました。
これはクサギカメムシです。
生まれたて。
卵殻に蓋のようなものがあります。これをパカッと開けて孵化したのでしょうね。
また、卵殻の表面に三角っぽいマークのようなものがあるんですね。
0728_6kusagikamemusi2
初めは、卵の表面のマークだと思っていたのですが、違うようでもある。
卵殻の蓋のあたりの突起状の構造物なのかもしれませんが、詳細はよくわかりません。
孵化前の卵の表面にもこのマークは見えます。

0729_12kusagikamemusi 7.29
翌日見に行ったら、まだ解散していませんでした。
しばらくしたら「『カメムシの子』を散らすように」散っていくでしょう。
{どんな散り方なんですか?かかしさん。知りません。それなりに。}

しかし、昔の人の観察眼は鋭いですよね。「クモの子を散らす」なんて表現が通用する生活をしていた。
「朝グモは殺すな」なんてのもあったな。嫌いとか苦手とかあっても、殺すばかりが能じゃない、それなりの付き合い方、というものがあったように思いますね。
朝に殺さなければ、夜ならいいのか。いやいや、朝に殺さなかったんだから、夜に出会ってしまったけれど。まあいいやな、になると思いますが。
ハエやいろんな虫を食べてくれることは知っていたでしょうしね。
無用の殺生はしないがよい。どっちも生きているんだから。
と。

« 白髭咲き朝顔 | トップページ | カナヘビ »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 白髭咲き朝顔 | トップページ | カナヘビ »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ