« ツマグロオオヨコバイ幼虫 | トップページ | クロバネツリアブ »

2016年8月17日 (水)

クモガタテントウ

0731_11kumogatatentou1 2016.7.31
クルミの葉の上。
クモガタテントウの幼虫です。
肉眼で見ると、こんな模様があるとは思えません。接写パワーですね。
0731_11kumogatatentou2
妻に肉眼観察で、これがクモガタテントウの幼虫で菌食だよ、と教えた後、部屋で写真を見せたら模様があるのでびっくりしていました。

0802_3kumogatatentou1 8.2
かなりの数いるようです。ピンボケですが、模様があるようには見えませんでしょ。
肉眼的な感覚に近い画像です。
0802_3kumogatatentou2
後姿。

0804_12kumogatatentou 8.4

これが成虫です。
この成虫の模様が「雲形」だということなのでしょう。

http://www2.mus-nh.city.osaka.jp/learning/Ent/Ladybeetle-key/psyllobora-vigintimaculata.html

クモガタテントウ
 北米原産の小型のテントウムシで,1984年に東京港付近で最初に見つかった帰化種です.現在では関西でも平地でふつうにみられる種類になっています.エノキ,セイタカアワダチソウなどのほか,フヨウでたくさん発生しているのが観察できます(山内周輔氏による).ウドンコ病菌を食べる食菌性のテントウムシのひとつです.
・・・
 生態:白渋病やすす病をおこさせる子のう菌を食べている。エノキ、セイタカアワダチソウ,フヨウなど。成虫越冬.

私がこのクモガタテントウを知るようになってかなり経ちますが、どういうわけか、必ずクルミの葉の上でのみの観察です。他の場所で見たことがない。
キイロテントウなんかは同じ菌食ですが、いろんなところで見かけますのに。
どうしてかな。

« ツマグロオオヨコバイ幼虫 | トップページ | クロバネツリアブ »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ツマグロオオヨコバイ幼虫 | トップページ | クロバネツリアブ »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ