« フウセンカズラ | トップページ | キョウチクトウ »

2016年8月23日 (火)

キバナコスモス

0807_25kibanacosmos 2016.8.7
キバナコスモスは初め柵から遠いところで咲き始めて、ズームアップしなければならなかったのですが、近づいてきてくれました。ちょっと隠れ気味で、影がかぶっていますが、じっくり撮れてうれしい。

0808_16kibanacosmos 8.8
花の色もまだ見えないつぼみ。
がんばる!と膨らんでいます。

0810_17kibanacosmos1 8.10
すっきりと独り立つ花。
この花もずいぶんと昆虫に好かれる花ですから、これからいろんな虫たちの活躍の舞台になってくれるでしょう。

0817_8kibanacosmos1 8.17
あんまり暑いので、朝のうちに散歩をしています。
そうすると、昼の散歩より、太陽光が低い角度でさしてきます。
例年、秋の低い陽射しで思い出す言葉を、夏のうちに思い出しました。
日時計花」「sundial flower」
↑念のため申し添えますが、これは私の造語です。公式にはこんな言葉はありませんので、ご注意ください。
写真の上にぼんやり写っている葉い色のものは線路柵。
昼の散歩だと、影はほぼ真下向きになるはず。
日時計だなぁ。
0817_8kibanacosmos2
ますます日時計っぽいぞ。

「sundial」スペルなど一応チェックしておこうと電子辞書を引いたら

sundial
►n
日時計
・What is the good of a sundial in the shade? 《諺》 日陰で日時計がなんの役に立とうか?《才能は隠すな;Benjamin Franklin のことば》.
リーダーズ英和辞典第3版より引用

日陰で日時計がなんの役に立とうか?」ですって。
日本の「昼行灯」はあざけりですが、フランクリンの言葉は励ましのようですね。
ふ~ん。
{「出る杭は打たれる」}というのは日本的でつまらないと、「出過ぎた杭は打ちにくい」といってみたりしましたっけね、昔、仲間内で。}

ひる‐あんどん【昼行灯】
日中に火をともしている行灯の意で、ぼんやりしている人や役に立たない人をあざけっていう語。
広辞苑第六版より引用

« フウセンカズラ | トップページ | キョウチクトウ »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フウセンカズラ | トップページ | キョウチクトウ »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ