« アオスジアゲハ幼虫・蛹 | トップページ | マユミ »

2016年7月14日 (木)

畏怖

★「畏怖」という言葉について。

声かけで「裁判員が畏怖」 工藤会系事件、裁判官だけで(朝日新聞デジタル 2016年7月13日20時41分)
 ・・・
 ・・・声かけ事件によって裁判員が畏怖(いふ)し、新たな候補者の確保も困難な状況にある、と判断した。
 ・・・

毎日新聞では
2016年7月1日
 ・・・工藤会の構成員が裁判員を威迫する事態が想定されると判断した。
 ・・・
 今回の決定理由で、平塚浩司裁判長は「組織に大きく影響する可能性があり、判決内容によっては構成員が裁判員の生命に危害を加える恐れがある」と指摘した。
 ・・・

読売新聞では
2016年07月14日
 ・・・
 決定では、工藤会について「意に反することをした者へ容赦ない報復、威迫行為を繰り返し、市民に恐怖を感じさせている」と指摘。声かけ事件が起きたことも考慮し、「裁判員や候補者らが畏怖して職務の遂行ができず、代わりの裁判員選任も困難」と結論付けた。
 ・・・
2016年07月14日 Copyright © The Yomiuri Shimbun

NHKでは
7月13日 21時08分
 ・・・「裁判員が怖がって参加が困難な状況だ」として、この裁判を裁判員裁判の対象から除外することを決めました。
 ・・・
13日の決定で福岡地方裁判所小倉支部の柴田寿宏裁判長は「工藤会はこれまで、市民に不安や恐怖を感じさせている。裁判員が怖がって参加が困難な状況だ」として、裁判員裁判の対象から除外し、プロの裁判官だけで審理することを決めました。
 ・・・

こうなんですね。
私の言語感覚では、「畏怖」という言葉を使うことに違和感が強い。
ひょっとして、司法関係では、一般の用法とは違う意味を与えて使っているという可能性もないじゃないですけど。{「図利」なんて妙な言葉を使う人たちだしなぁ}

「おそれる」と読んでしまえば「畏」でも「恐」でも耳に同じくはいるのですけれど。
文字として読むと、「畏怖」と「恐怖」は違うような気がするのです。
「畏」には「おそれかしこまる」「おそれおおい。敬服している」という感覚を持っています。
以下↓辞書の引用をご覧いただいて、考えてみてください。

畏 
〔田部4画/9画/1658・305A〕
〔音〕イ〈ヰ〉
〔訓〕おそれる・かしこまる
①おそれて心がすくむ。おそれかしこまる。「畏怖いふ・畏縮・畏敬・無所畏」
②おそれおおい。敬服している。「畏友」
広辞苑第六版より引用

かしこ【畏】
  {感動詞}{文章語}女性が手紙の終わりに書くあいさつの語。
パーソナル現代国語辞典より引用

おそれ【畏れ】
  おそれ敬う気持ち。
パーソナル現代国語辞典より引用

かしこ・い【畏い】
  {形容詞}{文章語}おそれ多い。かたじけない。
パーソナル現代国語辞典より引用

い‐あい【畏愛】ヰ‥
うやまい親しむこと。
広辞苑第六版より引用

い‐けい【畏敬】ヰ‥
(崇高・偉大なものを)かしこまり敬うこと。「―の念」
広辞苑第六版より引用

後生畏る可し(こうせいおそるべし)
[論語[子罕]]後進の者は努力次第で将来どんな大人物になるかわからないからおそるべきである。
広辞苑第六版より引用

{先生 先生といばるな先生、先生 先に生まれただけ。}

★追記
http://park.geocities.jp/funotch/keiho/kakuron/kojinhoueki3/32/222.html
222条1項 生命,身体,自由,名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者
             → 2年以下の懲役または30万円以下の罰金
    2項 親族の生命,身体,自由,名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者
             → 前項と同様(2年以下の懲役または30万円以下の罰金)

告知される害悪の内容は,相手方の性質および四囲の状況から判断して,一般に人を畏怖させる(恐怖心を抱かせる)に足りる程度のものであることを要します。

「恐怖心を抱かせる」(おそれおののかせる)ことを「畏怖」といっているようですね。
いい使い方じゃあないと思いますがね。市井の人、としましてはそう思います。

« アオスジアゲハ幼虫・蛹 | トップページ | マユミ »

人事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アオスジアゲハ幼虫・蛹 | トップページ | マユミ »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ