« ディジタリス | トップページ | カタバミ »

2016年5月26日 (木)

科学レベル

5/25(水)の最高気温は24.5℃でした。
この日の気象情報で、26日の最高気温は26℃という予報。

前日に比べて
・夕方の民放の森田さんの気象情報では、25日に比べて「+1」=1℃高いでしょう。と。
・7時前のNHKの気象情報では、25日に比べて「+2」=2℃たかいでしょう。と。

同じことを伝えているはずなのに、なんで「+1」「+2」と、差が出たのでしょう?
①森田さんの方は、
24.5℃を四捨五入して25とし、26-25=1 と計算したのです。
②NHKでは
26-24.5=1.5としてから、1.5を四捨五入して2としたのです。

24.5℃の有効数字は3桁。26℃の方は有効数字2桁。(26の6にはもう誤差を含んでいます。)
こういう場合の引き算は、有効数字をそろえてからやってください。
ですから、①のほうが(理科的には)正しい計算です。

NHKは理科センス、理科レベルが非常に低い、というのが実感。
大体「24.5℃」を「24度5分」なんて。体温じゃないんだから。
「30.0℃」という表現が禁止されていて「30」と表記して「30度ちょうど」と読ませる。
30.0の小数点以下第1位の「0」の意味がわかってないんだろうなぁ。
{気温のグラフも相当いい加減だしなぁ。不愉快ですよ、アレ。}

NHKの科学レベルはかなり低いということを意識してニュース・天気予報などをお聞きください。
元理科教師より。

« ディジタリス | トップページ | カタバミ »

人事」カテゴリの記事

理科おじさん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ディジタリス | トップページ | カタバミ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ