« ラッキー・ドクダミ | トップページ | G7連敗 »

2016年5月27日 (金)

猫声人語

★新聞広告に、「犬声人語」石黒謙吾 ワニブックス、というのが出てました。
「ことわざの1語を「犬」に変えてみたら…」ということで、例として

質実剛犬
手に犬を握る
一寸先は犬
運を犬に任せる

★私共はまあ、猫派でしょうからして、猫に置き換えたらどうなるか、と遊んでみました。
質実剛猫
手に猫を握る
一寸先は猫
運を猫に任せる

なかなか笑えますね。

百聞は一見に如かず            →百犬は一猫に如かず
遠くの親類より近くの他人     →遠くの犬より近くの猫
五里霧中                            →五里猫中

なんてどうかな。

ネットで「ことわざ」を検索して、ちょっとだけ悪乗り。

犬に懲りて猫を吹く
犬猫取らず
猫も歩けば犬に当たる
魚心あれば猫心
犬が出るか猫が出るか
猫が笑う
猫に金棒

今年の暮れ当たり、「来年のことを言うと猫が笑う」なんてやってみませんか。

★そもそも「天声人語」はウィキペディアによりますと

・・・
 命名者は西村天囚で、「天に声あり、人をして語らしむ」という中国の古典に由来し、「民の声、庶民の声こそ天の声」という意味とされるが、この古典が何であるかは高島俊男によれば不明であるという。
 ラテン語の“Vox populi vox dei.”が元になっているという説もある。直訳は、『民衆の声は神の声である』。
・・・

だそうですので。
「猫に声あり、人をして語らしむ」「猫の声、庶猫の声こそ天の声」
“Vox populi vox dei.”
populi を felis かなんかに置き換えたいのですが、格変化がわからないからやめときます。強引に
“Vox neko vox dei.”としておきましょう。
これが「猫声人語」の由来です(嘘八百→猫八百)

« ラッキー・ドクダミ | トップページ | G7連敗 »

人事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ラッキー・ドクダミ | トップページ | G7連敗 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ