« アメリカフウロ | トップページ | ジャスミン »

2016年5月 6日 (金)

ツマキチョウ

0410_29tumakityou 2016.4.10
ツマキチョウがいました。
飛ぶとモンシロチョウと区別しづらい。
翅を畳むとこんな風です。

0411_7tumakityou1 4.11
門扉の下にとまっていました。
0411_7tumakityou2
飛び移って、翅をちょっと開いてくれまして。
あら、褄が黄色くないじゃない?
そうなんです、「褄黄」なのはオスだけです。
メスは黄色くないのです。
「一化性」といいまして、年一回しか現れません。
4月の初めころかな、桜の終わるころかな。
で、アブラナ科の植物で成長して、普通に蛹になり、そのまんま一年過ごして来年の春にまた出現します。

蛹期間が長くて、初めはびっくりしましたっけ。
私共が飼育しているのは、アゲハ、アオスジアゲハ、ツマグロヒョウモンなどが主です。
みんな「多化性」で、シーズン中、産卵・成長・蛹化・羽化を何度も繰り返しますので、蛹になったら1年間沙汰なし、というのにはびっくりしたのでした。
↓ここに経緯が書いてあります。
http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/post-367b.html
2014年4月14日 (月)「ツマキチョウ羽化」

ツマキチョウが羽化しました!ほぼ1年間蛹で過ごして、昨日羽化しました。

関連記事へのリンクもありますので、是非ご覧ください。

↓参考
http://nakaikemi.com/ikkataka.htm
1化性と多化性の蝶

↓わかりやすい写真があります。
http://www.insects.jp/kon-tyotumaki.htm

↓脳科学者の茂木健一郎さんのブログです。元昆虫少年、現昆虫おじさんでもあられます。
http://lineblog.me/mogikenichiro/archives/2353232.html

« アメリカフウロ | トップページ | ジャスミン »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アメリカフウロ | トップページ | ジャスミン »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ