« コスモス | トップページ | ハナモモ »

2016年4月28日 (木)

ヤマブキ

0409m_2yamabuki1 2016.4.9
桜の賑わいが去ったころを見計らって、六郷用水跡の水路へモンパル散歩。
一重のヤマブキが咲いていました。
0409m_2yamabuki2
ちょっと花弁が多いかな。一重のヤマブキは5弁が普通だったような。
写真ではメシベは確認できませんが、オシベはちゃんとあるようですから、結実するんでしょうね、きっと。

0410_4yamabuki 4.10
こちらは我が家の八重ヤマブキ。
つぼみが口を開きました。

0415_3yamabuki 4.15
完全に開花した姿。
八重ですからもちろん実は生りません。

私は生まれは秋田ですが、1歳の頃から東京ですので、太田道灌の話というのは授業で習いました。
   七重八重花は咲けども山吹のみの一つだになきぞかなしき
という話ですね。「『実』のひとつだになきぞ」と「『蓑』ひとつだになきぞ」の懸詞ですね。
↓参考
http://homepage3.nifty.com/youzantei/mitisirube/yamabukidensetu.html
道灌の山吹伝説

検索してみたら私の古い記事を見つけました。
私のこのブログは2007年4月に書き始めたのですが、その年の7月の記事です。
http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2007/07/post_8f8c.html
2007年7月14日 (土)「八重山吹」

子供のころ、山吹の茎の芯を空気鉄砲の弾にして遊んだ記憶がありますが・・・。芯を取り出して、口にくわえてぽきっと折り、唾で湿らせて詰め込んで押す。こんなんじゃなかったでしたっけ?すると先に詰め込んであったのが飛び出す。
・・・
やまぶき‐でっぽう【山吹鉄砲】 玩具の一。篠竹などを切って筒にし、一端に山吹の髄をちぎって丸めたものを詰め、他端から棒で強く押し出すと「ぽん」と音がして山吹が飛び出す。[広辞苑第五版]

昔のガキはこんな遊びをしたのです。

« コスモス | トップページ | ハナモモ »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« コスモス | トップページ | ハナモモ »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ