« 村八分 | トップページ | ツクシ »

2016年3月16日 (水)

日照時間

★テキストエディタで下書きしておいた原稿を5分刻みの間隔にセットして、さっと予約アップロードした後で、昨日の最後の記事の日照時間の話が気になって、グラフ化してみました。
Nissho2016_03
3月に入ってから14日までの日照時間を棒グラフで表したものです。
そもそものところで、日照時間の定義ってどうなっているのかなと気象庁のサイトを調べたら

日照時間とは直射日光が地表を照射した時間です。現在、日照は、「直達日射量が0.12kW/㎡以上」として定義しています。

あは。そうなんだ、としか言いようがないですね。

で、私の作ったグラフですが。
3月1日は、単純に日の入り時刻から日の出時刻を引くと、昼間が11時間25分です。
そういう中で11時間くらいの日照時間があった、ということは、昼間は完全に日がさしていたということです。
4日までは晴れ。5,6日は雲が多かった。
7日(月)はかなり強い雨が一日中降っていましたので日照時間ゼロ。
8日(火)は8時間くらい日が照っていたようで、気持ちのよい晴れた日でした。
さ、そこからです。
9日~14日の6日間で、日がさしたのは12日に1時間ちょい。
暗い日々でしたね。
14日も一日中雨で、資源ごみの新聞紙を2回続けて出せなかった。周期的というべきかな。

★さて立春も近い。3月20日の昼夜の長さは等しいかな?
17:53 日の入り時刻
 5:45 日の出の時刻
12: 8
あれ?単純引き算じゃダメなんですね。昼間の方が8分長い。

↓部分引用しますが、是非お読みください。
http://www.nao.ac.jp/faq/a0303.html
質問3-3)春分の日・秋分の日には、昼と夜の長さは同じになるの?

日の出も日の入も「太陽の上辺が地平線と一致する瞬間」として定義
地球には大気があるために、地平線近くにある天体は、大気の中を通る光の屈折によって、少し浮き上がって見える
日の出・入の計算をするときには35分8秒角(時間ではなく角度の単位)浮き上がるとして計算をしています。

↓ここと話がつながっています。
http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2016/03/post-96a2.html
2016年3月15日 (火)
水・木・金・土・日・月の6日間合計の日照時間は、約90分

« 村八分 | トップページ | ツクシ »

理科おじさん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 村八分 | トップページ | ツクシ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ