« タネツケバナ | トップページ | ガス欠 »

2016年3月 4日 (金)

暖冬

★気象庁の発表がありました。

「今冬、全国的に暖冬だった」 気象庁(朝日新聞デジタル 2016年3月2日05時00分)
 気象庁は1日、この冬(昨年12~2月)の天候のまとめを発表した。全国的に暖冬で、降水量も多かった。沖縄・奄美地方の降水量は、1947年の統計開始以来、最も多い値を更新した。
 2010年までの30年間の平年値と比較すると、気温は東日本で1.4度、北日本、西日本で1.0度高かった。日本海側は雪も少なく、降雪量は全国的に少なかった。

↓これが発表資料です。
http://www.jma.go.jp/jma/press/1603/01d/tenko161202.html

資料全文はこちら↓
http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/data/stat/tenko161202.pdf

Kionheinensatizu
地図上に描いた「平年差」の図です。

Kionheinensa
「地域平均気温平年差の経過」というグラフです。
1月下旬と2月の下旬に、ちょっと平年値を下回りましたが、それ以外はこの3か月間、平年を上回っています。

私が個人でつくっているグラフはというと(2016年に入ってからの分ですが)
201602kion
これが東京の気温の経過です。
今まで、「2月29日」のところで平年気温が切れていましたが、これは前後の値を単純に平均すればよい、ということで埋まりました。
2月の半ばに突如20℃を超す日がありますが、ここは「春一番」の日。強い南風が吹きこんだのでした。
最低気温が最高気温の平年値をはるかに超えてますものね、とんでもない日でした。
最低気温が0℃未満の冬日はグラフでは読み取りにくいですが、1月に6回ありました。
24日~27日に4日連続。
でも2015年の12月にはなかったし、もう3月に入ったし。冬日の少ないシーズンです。
前のシーズンには
2014年12月に2回、2015年1月に6回、2月に4回、3月に1回、計13回ありましたので、やはり今シーズンは暖冬ですね。
201602heinensa
これは平年値からの差だけをグラフ化したもの。
今年は暖かく始まって、1月下旬にほぼ平年並みになり、2月は平年を上回っています。
確かに暖冬です。

ほぼ平年並みになったころに、気象予報士さんの中には、寒い寒い、暖冬だったけれどすごい寒波が襲ってきた、みたいに騒いでいる方がいましたっけ。気象の知識があるから予報士なんでしょ。ちゃんと平年と比べながら話をなさいますように。
どうもね、このごろ「あおる」タイプの方がいてね、不快。
好天・温暖の時は「にこにこ」、荒天・寒冷の時には、寒い寒い大変だ大変だと「縋り付き・煽る」ような「表情」「言葉の調子」で「訴えかけよう」という方もいる。
やめてください。
淡々と正確に情報を伝えてください。
情報伝達者は「煽って」はいけません。沈着に・冷静に・確実に人々が対応するように知らせるべきです。

文句ばっかり言ってないでかかし爺さん。スンマセン。
201602situdo
これは湿度のグラフ。
午後3時の湿度をグラフ化したものです。日最高とか日最低とか日平均の湿度ではありません。
午後の「定時」です。生活感としてはいい時刻かな。
40%前後で推移していますね。
個人的な感想としては、比較的期湿っぽい冬だった、と感じます。
10%台になったのが1回しかない。

さて、冬がこういう状態だったことが、植物などにどういう影響を及ぼすのか。
もうすぐのはずのサクラにとっては「休眠打破」が遅れたかもしれませんね。
寒さを経験しないと開花できないのですよ。暖冬だから早いとは限らない。
まあ、平年並みか少し遅め、というところかな。
これからのシーズンを「見定めて」ください。

« タネツケバナ | トップページ | ガス欠 »

理科おじさん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« タネツケバナ | トップページ | ガス欠 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ