« リュウキンカ・ヒメリュウキンカ | トップページ | シコンノボタン »

2016年2月18日 (木)

チューリップの芽

0209w_5tulip 2016.2.9
妻が撮るとしゃがんでこういうアングルをよく使う。

0212_4tulip 2.12
私は上から見おろして、葉の播き方が面白い、と撮る。
写真というものは撮影者の「身体」をも反映しているのですね。
単純に対象の「真」を「写して」いるのではない、ということがわかります。
「撮る」という行為の主体の身体が反映しているのでした。

で、変な理屈をこねてますが、葉の播き方が全部同じじゃない、ということにお気づきでしょうか。
へそ曲がりもいるから生き物は楽しい。
生きるってことは、いろいろ多様でいいんです。

★追記:思想というものも身体に拘束されるものです。

« リュウキンカ・ヒメリュウキンカ | トップページ | シコンノボタン »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« リュウキンカ・ヒメリュウキンカ | トップページ | シコンノボタン »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ