« ヒメリュウキンカ | トップページ | 「滝」前の白梅 »

2016年2月26日 (金)

ジンチョウゲ

0218_8jintyouge 2016.2.18
開き始めは早かった株ですが、その後の進行はゆっくりです。
立ったまま見ているとあまり香りを感じません。
花に顔を近づけると芳香が漂い始めていて、ふ~っと息を吸いこみたくなります。
爽やかでした。
{いかんか、「さわやか」は秋の季語。「すがすがしい」といわなきゃならんのかな。窮屈なこっちゃ。}

さわ‐やか【爽やか】サハヤカ
(歴史的仮名遣サワヤカとも)
①すがすがしく快いさま。気分のはればれしいさま。爽快。<季語:秋>。源氏物語[柏木]「御心地、―になり果て給へりや」。「―な朝」
広辞苑第六版より引用

すがすが‐し・い【清清しい】
形すがすが・し(シク)
①さわやかで気持がよい。古事記[上]「我が御心―・し」。「―・い朝」
広辞苑第六版より引用

互いに相手の定義に使われてますよ。ほぼ同義でいいのです、実は。
とはいえ、「さわやかな香り」と「すがすがしい香り」は違うよなあ。やっぱ。

« ヒメリュウキンカ | トップページ | 「滝」前の白梅 »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ヒメリュウキンカ | トップページ | 「滝」前の白梅 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ