« イチゴの日に | トップページ | チロリアンランプ »

2016年1月 6日 (水)

宇宙から見る水平線

http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2016/01/post-0449.html
2016年1月 6日 (水)「水平線」

x と h の関係をグラフにしてみました。
一見すると「平方根関数」のグラフに見えますが、違います。その話は後回し。
横軸は「m(メートル)」で、縦軸は「km」です。ちょっと分かりにくかったですね。

↑ここでこんなことを書きました。
軸のスケールが1000倍も違うので、グラフの形がわかりにくいですね。
「y=√x 」のグラフは、放物線の横倒しです。
yの値が何かに近づくというようなことはありません。
ところが、今回のグラフには「漸近線」があるのです。

★直感的な考察
チョモランマの8000m級の山あたりが地表での最高地点ですが。
高さ8kmから見る水平線までの距離は約320kmです。
話を想像力で拡大しましょう。

地表面を離れて宇宙から。どんどん遠ざかる。月から地球を見ましょうか。
遠ざかれば遠ざかるほど、真正面の地表からの距離と、丸く見える地球の輪郭線までの距離は、ほとんど同じになってくるでしょう。
hとxはほぼ同じになっていくはず。


Soukyokusen
図の上半分をまず見てください。
hとxで書いていた式を、xとyで書いたのが[2]式です。
左右両辺をxで割って、xとyの比がどうなるか見てみましょう。
整理すると
ルートの中が(1 + 2R/x)になります。
図中に書いたように、x がRに比べて非常に大きくなると、分数は0近づきます。
その結果、x と y の比は1に近づき、ということは、x と y はほぼ等しくなるのです。


上の図の下半分。
式を整理すると、高校数学でやったと思うのですが
[3]式の双曲線の式になりました。
漸近線の式も書いておきました。
Tohorizon36000
左下が(0, 0)の原点、右上は(36000, 36000)です。
静止衛星軌道の高さ位を意識して。
漸近線に近づいていきますね。
Tohorizon100000
エイヤッと。右上が(100000, 100000)です。
グラフ上では漸近線にくっついてしまいました。

とまあ、こういうわけで、このグラフ、狭い範囲で見ていると平方根関数みたいでしたが、大きな範囲で見ると双曲線なのでした。

とご報告します。

« イチゴの日に | トップページ | チロリアンランプ »

理科おじさん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« イチゴの日に | トップページ | チロリアンランプ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ