« クリスマスと満月 | トップページ | 「さる」尽し:1 »

2016年1月 4日 (月)

迎春

Geisyun
東京は暖冬です。最低気温が零下になる「冬日」が今冬はまだ一回もありません。
読者の方々の地域ではいかがでしょうか。
暖かいと人の生活としては楽なようでいて、自然の営みとしては異様であるように思われます。

人と人の「間」がすべて平らかになりますように。

1230_3shogatu1
我が家の正月飾りです。
今年もう68歳になりますから「私のすること、これすなわち『しきたりである』」などとほざきながら、勝手な飾りつけをして遊んでおります。
鏡餅はもう40年物の「素焼き」です。のっているのは我が家の夏みかん。
1230_3shogatu4
花は造花を主にしていますが、南天は我が家でみのったもの。
遠い昔、妻は未生流など習っておりましたそうで。本人は「末生流だ」と申しております。
左下、水引細工の鶴亀は、これまた遠い昔の我ら夫婦の「結納」の品。スゴ。
1230_3shogatu5
扇状の板は、漆塗りですが、これ、火鉢にちょうどうまい具合にセットできるようになっていまして、小さなテーブルになるという品物です。昔の生活だなぁ。

さて庭では
1230_5matu 2015.12.30
松も芽吹きの支度をしていますし
1230_6blueberry 12.30
ブルーベリーも美しい。
0102_1jintyouge 2016.1.2
白のジンチョウゲの「未香の香」をお楽しみください。(未だ香らざるの香り)
やがて深呼吸を促す、春の香りを放ちます。
いまはそっと「包んで」あります。

★昔、正月というと、ある種の「非日常性」を孕んでいましたね。
12月中から、いつものことではない年越しの準備が始まり、子どもの私も動員されましたっけ。
そして、大晦日から元日へ、静かに籠りながら遠くから聞こえる除夜の鐘を聴きました。
高校生の頃は、紅白歌合戦に反発して、自室で分厚い単行本を一冊、徹夜で読むことにしていましたっけ。
以来、紅白とはほとんど縁のない私です。
20代の終わりか30代に入る頃からか、年賀状からも引退しました。以来、戴く賀状に返信するのみの新年。
新年になっても、しばらくは食料品のお店など開いていませんでした、だからこそ「御節料理」を作ったわけですが。
今は、暮れも正月もなく24時間営業ですから、何でも手に入る。

正月を迎えるという独特の非日常性がなくなって、べったり日常が連続してしまいました。
なんとなく、違和感を覚えます。
元旦の「静謐で」「清浄」な空気を失い、年を跨いでの大騒ぎの延長が続いていく。
年寄の私がぼんやりしてしまったのか、世の中が調子っぱずれになってしまったのか。
妙な感慨を持ったのでした。

« クリスマスと満月 | トップページ | 「さる」尽し:1 »

人事」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« クリスマスと満月 | トップページ | 「さる」尽し:1 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ