« 昨日18日の気温と降水量 | トップページ | アカカタバミを見ていたら »

2016年1月20日 (水)

初氷(東京南部の我が家で)

★今朝は冷えました。
アメダスの情報を見たら

最低気温(℃)    -0.7    03:23
最高気温(℃)     3.6    09:00

こうでした。これを見たのは9:30でしたから、一日の記録はもちろんこの後、変わります。
18日の雪が日陰に残るような状況で、気温が氷点下になりましたので、凍りそうだなとは思ったのですが、妻からベランダのバケツの水が凍った、庭を見てくるという報告。
{東京の冬日(最低気温が氷点下)はこのシーズン2回目。去年に比べるとまるっきり少ない。}
0120_1baketu12016.1.20
これがベランダのバケツの氷。
0120_1baketu2
画面に黄色く見えるのは、裸になったイチョウの木が朝日に照らされて黄色く輝いているのが映っているのです。
「冬ざれた眺め」と言うべきでしょうか。季節を感じる眺めではあります。
0120_1ike1
池の氷。
0120_1ike2
氷の結晶の成長が目に見えます。
薄い氷です。
0120_1simobasira2
霜柱。短いな。
私が霜柱を撮るとなれば、踏み荒らし、ステッキで地面をひっかいて、倒れた霜柱を腰を曲げて上から撮る。
妻は霜柱には気づいていなかったようで、霜柱が立ってたよ、と知らせたら、すぐとんでいきました。
0120_1simobasira1
妻のアングル。しゃがみ込んで、低いアングルで撮る。
さすがあ。
霜柱は土の構造に依存しますから、地域によって見られない地域もあります。
観賞してください。
先端が先に凍って、下から伸びてきますので、土をかぶり、土を板状に持ちあげます。
線路や建物を持ち上げて被害をもたらしたこともあるはず。
氷結という出来事のすごさですね。

★ところで、最初のバケツの氷ですが、肉眼で見て、白い点々が見えていたのですけれど、あまり気にしていませんでした。
写真を撮りこんで眺めたら面白いものが写っていましたのでご紹介します。
0120_1baketu3
縦に伸びた気泡なんですね。しかも太さが一定ではない。
水面が凍る時に、水に溶けていられなくなった空気が微細な気泡を作る。氷は下へ向かって成長する、それに従って、すでに生じた気泡を核にして後から出てきた空気がくっつきながら、気泡も下へ伸びる。そのあたりの経過が、氷の中に残ったのでしょう。
冷蔵庫の氷で空気が白く残るのはよく知っていますが、バケツの氷にこんな形で残っているとは、初めて見ました。{鈍感な奴だ}

★庭の隅、日の当たらないところに
0120_1zansetu
残雪。

寒さの折から、皆さま、体調管理に心をお配りくださいますよう。

« 昨日18日の気温と降水量 | トップページ | アカカタバミを見ていたら »

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 昨日18日の気温と降水量 | トップページ | アカカタバミを見ていたら »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ