« 二重富士 | トップページ | なよなひ~♪ »

2016年1月13日 (水)

違和感

朝日新聞の一面連載。

折々のことば:276 鷲田清一(2016年1月10日05時00分)
Your love's put me at the top of the world.(カーペンターズ)
     ◇
 「あなたの愛は私を世界の高みに連れて行ってくれる」。あの「トップ・オブ・ザ・ワールド」のさびの部分を、西加奈子「さくら」の主人公は「よーらーぷっみー、あーざーとっぽらわー」とひらがなで歌っていた。中学生の私は「あおなほーりょーへーん」。ビートルズの“I want to hold your hand”(邦題「抱きしめたい」)をそう丸覚えした。歌は意味でなく、口調で体の奥に居座る。
 (JASRAC 出 9016200021Y43031/9016200022Y38028)

昔、通勤中の車でFM放送を聞いていて、バイリンガルのパーソナリティー女性が「これは有頂天ということです」と教えてくれたのです。ストンと納得してしまった。「世界のてっぺん」→「有頂天」。
だもんで、鷲田さんの「世界の高み」という解釈に、ちょっと引っかかってしまった。
哲学者の鷲田さんが「世界の高み」というと、なんかこう、精神世界の崇高な高みみたいな気分がする。堅い感じだな。
もうちょっとくだけた、有頂天!とか、サイコー!とかでもいいんじゃないか。

http://eow.alc.co.jp/search?q=top+of+the+world

top of the world
世界の頂上[頂点・てっぺん]

top-of-the-world 【形】北極地方の
Top of the World Observatory トップ・オブ・ザ・ワールド展望台◆米国ニューヨーク州
on top of the world 有頂天になって
at the top of the world 世界の北端で
feel on top of the world 有頂天[最高の気分]である
feeling on top of the world 《be ~》最高の気分
sit on top of the world 大得意になる

「北極」が出てきてしまった。北半球人の「驕り」かな?ねえ。
それじゃあ、南極は「bottom of the world」になってしまう。

「天にも昇るような心地」 などいかが?
「有頂天」になる。「最高の気分」「気分はサイコー」
世界のてっぺん{「てっぺん」=「天辺」}にいる。

佳い歌でした。くだけ過ぎもいけないかもしれませんが、やさしくやわらかく、がいいなぁ。

« 二重富士 | トップページ | なよなひ~♪ »

人事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 二重富士 | トップページ | なよなひ~♪ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ