« クロウリハムシ | トップページ | 冬へ向かって »

2015年12月 4日 (金)

エビガラスズメ幼虫

1116_16ebigarasuzume1 2015.11.16
ルコウソウなどが茂った場所の下。
エビガラスズメの幼虫が地面にいました。
蛹化前のウォンダリングでしょう、多分。
ガやチョウの終齢幼虫は蛹になる直前に、食草を離れてかなりの長距離を歩きます。これをウォンダリングといいます。そうして蛹になる場所を見つけて蛹化します。
食草を知っていて幼虫を襲ってくる外敵を避ける、というようなメリットがあるのかなぁ、と想像はしますが本当の理由はわかりません。
1116_16ebigarasuzume2
ところでこれは腹端部なのですが、こういう風に見ると、「顔」のように見えませんか?
私だけかな、そんな気がするのは。
左向きの「嘴」のようなものがあって、一本角で。
スズメガたちの幼虫を見たら、ちょっとそんな「見立て」を楽しんでみてください。

« クロウリハムシ | トップページ | 冬へ向かって »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« クロウリハムシ | トップページ | 冬へ向かって »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ