« アシナガグモ | トップページ | ワカバグモ »

2015年12月 7日 (月)

こも巻き

こんな記事が出ました↓

害虫より益虫駆除だから…姫路城の恒例「こも巻き」廃止(朝日新聞デジタル 2015年12月3日11時38分)

 姫路城(兵庫県姫路市本町)の冬の風物詩となっていた「こも巻き」が今年度から廃止された。害虫から松を守るとして、1960年後半ごろに始まったとみられるが、大学の調査で「益虫も駆除してしまう」などの指摘が出ていた。今後は薬剤を使った駆除で対応するという。
 姫路城の「こも巻き」は、暦の上で冬の始まりとされる11月の「立冬」にあわせて実施。昨年も11月7日、職員13人がクロマツ約350本に、ワラで編み込んだ幅約45センチの「こも」を、松の幹の太さに応じて長さ90~180センチ巻いた。
 こもの中に害虫を誘い、啓蟄の3月上旬ごろにこもを外して燃やし、害虫を駆除するとされてきた。
 市姫路城管理事務所によると、姫路工業大(現・県立大)が2002年から5年間、こも巻きの効果を調べた。3月に外したこもの昆虫を調べたところ、採集生物数が1577匹と最も多かった04年は、害虫を食べるクモなどの益虫がほとんどで、マツを枯らすマツカレハの幼虫は6匹だけ。「いずれの年も捕獲されるのは害虫より益虫が圧倒的に多く、こも巻きは害虫駆除効果よりも益虫の越冬場所としての役割が大きい」とする報告をまとめた。
 同事務所が08、09年ごろから薬剤を使った駆除で5年ほど様子を見たところ、松枯れもなく害虫駆除の効果が確認できたという。
 「こも巻き」の存廃を検討してきた同事務所によると、相談した専門家から「やめた方がいい。時間も人件費も無駄。その分、植生に回した方が良い」との意見も寄せられ、14年度に廃止方針を決定。姫路城の「平成の大修理」が今年3月に完了したのを機に今年度からやめた。
 ・・・

やっと。ですね。
1960年ごろから始まったんですか、ナンダイ、伝統行事でも何でもないじゃないですか。
単なる思い込みでしかない。

私は以前からこも巻きに疑問を表明してきたんですよ。
立冬にこもを巻き、啓蟄に外す、なんて、そりゃ話がうますぎる。昆虫の生態に関して無知としか言いようがないですね。
虫の生態に人間の思い入れで対応してはいけません。

上の記事中で「2002年から5年間、こも巻きの効果を調べた」とあり「08、09年ごろから薬剤を使った駆除で5年ほど様子を見たところ、松枯れもなく害虫駆除の効果が確認できた」というその時期、2008年の読売新聞の記事を下に引用します。

マツの「こも巻き」効果に?、捕まるのは益虫ばかり(2008年3月22日14時15分  読売新聞)
マツの幹にこもを巻く姫路城管理事務所の職員(昨年11月8日) 冬の間、マツの害虫駆除のために行われる「こも巻き」は、クモなどの益虫を大量に捕獲する一方、枯死の原因となる害虫にほとんど効果がないことが、兵庫県立大の新穂(にいほ)千賀子准教授(昆虫生態学)らの調査でわかった。
 姫路城(兵庫県姫路市)で4年間に捕まったのは益虫55%に対し、害虫はわずか4%。逆効果にもなりかねず、今後の対策のあり方に一石を投じそうだ。
 マツのこも巻きは、初冬にわらで編んだこもを幹に巻き付け、春先に外して焼く。暖かいこもに集まるマツカレハの幼虫などを一網打尽にできるとされる。
 新穂准教授らは、姫路城で、外した直後のこも約350枚に、どのような虫がいるか2002年から05年まで調査した。
 マツカレハ幼虫は02~04年は0~6匹、最多の05年でも44匹にとどまった。マツ枯れの最大の原因になるマツノザイセンチュウを媒介するカミキリはゼロだった。逆に、害虫を捕食するクモ類は毎年337~625匹、カメムシの一種のヤニサシガメも90~486匹確認された。
 マツカレハ幼虫は、樹皮の裏側に多いという報告もあり、こもを外した幹の割れ目で見つかり、夏には多数のさなぎも見つかった。センチュウも幹の中に潜み、こも巻きでは退治できない。
 マツのこも巻きは、江戸時代から大名庭園で行われていたと言われている。姫路城では1960年代から恒例行事になっている。しかし、効果が薄いという意見は以前からあり、マツの名所では、三保の松原(静岡市)や岡山後楽園(岡山市)で実施しているが、皇居外苑や京都御苑は20年以上前にやめた。浜松市は今季中止し、神奈川県平塚市も廃止を検討している。
 新穂准教授は「こもは益虫に越冬場所を提供する面もあるので、続けるなら、益虫を逃がした後に焼く方法などを考えたほうがいい」と話す。
 姫路城管理事務所は「確かにクモが目立ったが、益虫という認識はなく、ずっと焼却してきた。方法を検討したい」としている。

ずいぶん前にもう、こういうことはわかっていたのに。
悲しい話です。

↓「こも巻き」に関する私の過去記事です。
http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/post-2209.html
2009年4月 2日 (木)「こも巻き」

http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2009/12/post-7172.html
2009年12月21日 (月)「どんどん来た」

★できれば、雑木林の掃除もやめてほしいものです。ね、宮崎駿さん、ヨロシクね。

http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/post-8668-1.html
2014年1月27日 (月)「クロッカス」
http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2014/12/post-707c-1.html
2014年12月 8日 (月)「ササグモ」
http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2015/01/post-a3de.html
2015年1月30日 (金)「カメムシ2種」

やってるご本人たちは、いいことをしている、というつもりでいらっしゃるから厄介なんですよね。

★今日、12月7日は「大雪」。
またテレビの気象予報士さんが「大雪が降るころとされています」などと話してました。
いえいえ、今日は春分から「255度日」なのです。
正確には12月7日19:53に255度の点を通過します。それを含む日ですから「今日が大雪」。
あと15度太陽が進むと冬至ですね。360度の4分の3=270度の日が来ます。
さて、255度日に名前を付けなくっちゃ。まあ雪の季節でもあるし、降れば相当降るころでもあるし、「おおゆき」としましょうか。
この日を識別する記号としての「大雪」なのですよ。

« アシナガグモ | トップページ | ワカバグモ »

人事」カテゴリの記事

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アシナガグモ | トップページ | ワカバグモ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ