« フウセンカズラ | トップページ | ヒガンバナ »

2015年11月26日 (木)

水泳の記録

★41歳の頃でした、激烈な腰痛に襲われるようになり、体力の保持のために泳ぎ始めました。今はなくなってしまった都立明正高校に勤務しているころでしたね。
普通の方なら体力維持のためにジョギングとか始めるところでしょうけれど、私、走れません。
私は泳げる、だから泳ぐ。障害者だから泳いでいる、のです。障害があるのに、障害を乗り超えて泳いでいるのではありません。

多摩川にかかる丸子橋のそばの「東急スイミングスクールたまがわ」という施設で、日曜一般開放という、会員でなくても泳ぎに行けるプログラムを利用して泳ぎ始めたのでした。第1回は1989/4/23。
以来26年、この施設で泳いできたのですが、施設側の都合で12月から別の場所に移転して営業になり、日曜は休館日となって、日曜一般開放がなくなることになったのです。
私はいろんな条件のもと、11月8日を最終日としました。

★で、ちょっとここらで記録をまとめておこうかな、という気になりました。
下の表は、100km泳ぐのに要した日数です。
  km     日付             日数
           1989/ 4/23
100      1990/ 5/ 6     378
200      1991/ 1/ 6     245
300      1991/10/ 6     273
400      1992/ 6/14     252
500      1993/ 1/10     210
600      1993/ 7/11     182
700      1994/ 1/30     203
800      1994/ 8/14     196
900      1995/ 3/ 5      203
1000    1995/10/ 1     210
1100    1996/ 6/23     266
1200    1997/ 1/12     203
1300    1997/10/19     280
1400    1998/ 6/28     252
1500    1999/ 2/14     231
1600    1999/10/24     252
1700    2001/ 3/11     504
1800    2002/ 4/28     413
1900    2003/ 5/25     392
2000    2004/ 7/11     413
2100    2005/ 7/ 3     357
2200    2006/ 6/ 4     336
2300    2007/ 5/13     343
2400    2008/ 9/21     497
2500    2010/ 5/16     602
2600    2012/ 2/26     651
2700    2013/11/10     623
2800    2015/ 8/ 9     637
2816.8  2015/11/ 8      91

この表から、横軸を泳いだ距離(100kmごと)、縦軸を日数としてグラフ化すると
Swimrecord2
こうなります。
以前、200日程度で100km泳げたのが、終わりの方では600日以上かかっています。
これが「年齢による衰え」というものの実態です。
初めの頃は2時間くらいで、3000mとか泳いだんですよ。4000mいったこともあったかな。さすがに5000m泳いだことはない。
それが最近は1500m泳いで帰ってくると、疲労が火曜まで続いてしまう。衰えました。

Swimrecord
横軸が時間(毎年4月1日で区切り)、縦軸が泳いだ距離の累計です。
2800kmをちょっと超えたところで、終わりました。
3000kmは遠いなぁ。無理かも。

★ところで。
もう泳ぐのはやめたんですか?いえ、なんとか泳ぎ続けますよ。
区立のプールとかいろいろあたってみまして、結果、多摩川の向こう側の私設スイミングスクールに、「一般」開放があることを見つけ、そこへ行こうと思っています。
今度は、1000mを週2回、と思っています。負荷を小さくして回数を増やすのもいいかな、と。

すでに4回ほど行ってみました。
泳ぎやすいプールですが、慣れないせいか妙に力んで泳いでますね、ワタシ。
力が入っている割に「進んでないなぁ」という気分。
なんだかこれまでとは違う疲れ方をしている、という感じ。
翌日に疲れはあまり残っていませんが、もっと習慣化・ルーティン化しないといけませんね。
年を取ると変化に対応する能力が低下します。
変化すること自体は嫌じゃないけど、適応が遅いよ、全くこの「老かかし」。
更衣室からプールサイドまでがこれまでより少し遠いので、プールサイドまで、ステッキを使おうかな、とか、これからまだいろいろ工夫が要るようです。そういう工夫を楽しみましょうかね。

26年のまとめと、新たなステップへの現況でした。

« フウセンカズラ | トップページ | ヒガンバナ »

人事」カテゴリの記事

コメント

かかしさんのグラフ、とても興味深いです。
積み重ねの力ですね。グラフで可視化する、って
大切なことだなあ、と思いました。(それにしても
1000mを週二回はすごいです)
うちの息子(小学5年生)も筋肉疲労から腰痛にな
り、医師から水泳を勧められました。プールに
通おうと思っていたところでこの記事を読み、うち
も記録をとろう、と先週やってみたのですが。
なにしろ息子は泳ぎが下手。水泳スクールで先生
から教わるのが嫌いですべて自己流。
結局、25メートルを5,6回泳いで終りでした。疲れ
たみたいで、ルーティーン化にはほど遠いなあ、
と。息子はとにかく頑固でへん屈。塾もいかず、家
庭学習もせず、友達と遊び、読書とマンガの日々。
かかしさんが先生なら良いなあ・・・いつか理科を
教われたらなあ、といつも思っています。(神奈川
だから近い?)
これからも水泳の記録のその後、ぜひ教えてくだ
さい。いつも記事を楽しみにしています。

コメントありがとうございます。
新しいプールの「水に慣れた」といいますか、体がなじんできました。私の泳ぎも自己流、誰にも教わったことはありません。本屋で水泳の本を立ち読みして、自分の体の動きとどこが違うのかを把握して改良してきたものです。自分の体の動きがとらえられるようになると上達します。
ところで、私のHPはご存知でしたっけ。理科おじさんの部屋です。
URLは
http://homepage3.nifty.com/kuebiko/science/
かつての同僚のお子さんが小学4~6年の間、一緒に理科遊びをした記録です。3年間で100回を超えましたっけ。よろしかったらどうぞお読みください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フウセンカズラ | トップページ | ヒガンバナ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ