« ミノムシ | トップページ | ヤモリの幼体 »

2015年9月11日 (金)

サバの鯛の鯛

0830_3saba 2015.8.30
サバを食べました。
鰓の後、胸鰭の付け根のところにあります。
鯛の鯛を見ていると、哺乳類の自分と比べたくなります。

私たちの手は胸鰭に由来するのでしょうし、鰓の一部が私たちの耳の構造の一部へと変化したのですし。
魚類と哺乳類、やっぱり「親戚」だよなぁ、とつくづく思います。
煮魚を突きながら、進化のことなどに思いを馳せてください。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AF%9B%E3%81%AE%E9%AF%9B

鯛の鯛とは硬骨魚の肩帯の骨の一部であり、肩甲骨と烏口骨が繋がった状態のものである。この部位は主に胸鰭を動かす時に使われる骨であり、肩甲骨と烏口骨の両端で擬鎖骨に繋がった形でえら付近にある。肩甲骨には複数の輻射骨がくっついているが、これは鯛の鯛には入らない。
鯛の鯛において目の役目をする肩甲骨の穴は、胸鰭に繋がる神経が通っていた穴である。

なんとなく自分の肩の辺りをなでてみたくなったりしませんか?

« ミノムシ | トップページ | ヤモリの幼体 »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ミノムシ | トップページ | ヤモリの幼体 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ