« 圧力と力 | トップページ | フウセンカズラ »

2015年9月18日 (金)

圧力と力:補遺

★前の記事、昨日書いて、パソコンを閉じてから頭の中で思考が「自動運転状態」。
突然「あ、そうか」がやってきました。
式の意味、定性的な説明がひらめいた。


水圧は深さに比例するのですから、板の左側の水の水深が2倍になったら、平均水圧も2倍になる。
水深が2倍になったら、水が押す板の面積も2倍になる。
水が板の全面を押す力=平均水圧×面積
ですから、平均水圧が2倍になり、面積が2倍になったら、その積は4倍になるんですね。
水深hを2回かけることになります。(二乗)。
で、水が板の全面を押す力は、水深の二乗に比例する、ということになるのでした。

あくまでも「力」ですよ、水深の二乗に比例するのは。
水圧は水深に比例するのです。

Osutikara
昨日の式の一部。
下の「F=・・・」という式の右辺、積の前の項が平均水圧、後の項が面積。
式を扱っているとさっと整理してしまって、「意味」を考えることを忘れていたのでした。
「いかんいかん」と反省しました。

« 圧力と力 | トップページ | フウセンカズラ »

理科おじさん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 圧力と力 | トップページ | フウセンカズラ »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ