« 変化朝顔:3 | トップページ | 変化朝顔:5 »

2015年8月 3日 (月)

変化朝顔:4

0730_4yae1 2015.7.30
今度は少しあっさり目。
前の「バラみたいな」こってり感が少ない気がしますが。
いかにも花弁という器の中で出来事が起こってますよ、という感じ。
0730_4yae2
しばらく考えて、決意しました。
なんにせよこの変化をした花から種子は採れない。
ならば、と
0730_4yae4
しぼんだ花を指先で開いてみました。
最初に目を向けたのはメシベの有無なんですが。
メシベはあるように思われます。
その両脇に紫になった小さなオシベがあるようです。
0730_4yae3
全体としてみると。
葯が花弁化したのかなぁ。なんかあいまいさが残るんですが。
葯が花弁のした八重か、花糸から花弁科kした牡丹か。
素人にはちょっときついのですが、差し当たって「八重」ということにしたいと思います。

八重のアサガオか、不思議なことになったぞ。
親木の中にヘテロで潜んでいた劣性の八重遺伝子がホモになって表現型として現れたのでしょうが。
遺伝の実験やってるような気分だな。

« 変化朝顔:3 | トップページ | 変化朝顔:5 »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 変化朝顔:3 | トップページ | 変化朝顔:5 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ