« カラスウリ | トップページ | 八重 朝顔 »

2015年8月18日 (火)

ネコハグモ

0805_11nekohagumo 2015.8.5
ネコハグモが巣網を作る場所は「くぼんだ場所」ならなんでもいいのでして。
門の柱と梁が直行する「くぼみ」でもいいわけです。

0807_5nekohagumo 8.7
これはクルミの葉です。
元々これだけくぼんでいたというわけではないでしょう。
クモの力技ですね。
緩くくぼんでいたのでしょうけれど、強引に糸の力で引き、くぼみを深くしたのだと思います。
上の方に横に走る太い糸の束があります。これは葉の縁同士を結んでいるようですので、この糸でまず葉をたわませましたかね。
糸が葉に接着している部分は、広くひろがっていて、その多数の糸をまとめてロープのようにして強度をあげて、更にくぼみを深くしたのかな。
こんな作りのネコハグモの巣を見るのは珍しいです。
小さなクモがこれだけのパワーを発揮するとは、正直なところ驚きました。

0807_10nekohagumo
これはボウガシの葉をたわませて作った巣。
上の写真と同様、たくさんの糸をまとめてロープ状にし、個々の糸の「着力点」は分散させる、というすぐれた構造物になっています。
葉の縁同士を引き寄せた糸も多数見えます。
すごいもんだなぁ。

体のサイズを考えると、ヒトはクモより馬鹿でかいですから、ロープ担いで自分で巣をつくるとなったら、ものすごい力が必要ですね。
どれほどの構造物をつくらなければならないのか、とても私にはこんな仕事はできそうにないです。
クモの糸のすごさ、技術、パワーを尊敬します。

« カラスウリ | トップページ | 八重 朝顔 »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カラスウリ | トップページ | 八重 朝顔 »

2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ