« オオスカシバ@ランタナ | トップページ | カラスウリ »

2015年8月18日 (火)

ミンミンゼミ

0805_8minminzemi1 2015.8.5
耳を聾する「大音声(だいおんじょう)」です。
腹弁がはっきり見えています。
で、腹弁の脇に隙間がありますね。
そこだけトリミングすると
0805_8minminzemi2
こうなります。
腹弁の脇のスキマから、わずかにセミの腹の中が見えているのです。

オスゼミの腹部内には発音器があります。
発音筋を震わせると、発音筋の先に腱突起があってそれが「鼓膜」を震わせて音が出ます。
「鼓膜」とはいっても、人間の耳の音を受ける「鼓膜」ではなく、「太の被」という理解をしてください。音を出す膜です。
鼓膜の振動だけでは音が響きません。太鼓の「胴」が必要です。
それがオスゼミの腹部なのです。
ということは、オスゼミの腹の中は「空っぽ」なんですね。
詳しいことは知りませんが、消化管などはあるはずですけれど、大部分が空っぽ。
発音筋の振動数を変えたり、腹部の「共鳴室」のサイズを変えたり、いろいろな方法を組み合わせて、種特有のセミの声を作っているのです。
で、「腹弁」は空っぽの共鳴室としての腹部の蓋ですから、音が出てこられるように、開いているんですね。
腹の中の空間と、外部空間とつながってしまっているのです。
その状態が上の写真からわかるのです。

メスは卵巣を持っていますから、腹の中は空っぽではなく詰まっています。

参考サイト↓
http://extra.private.coocan.jp/CicaSen/cicada052.htm

そして、セミの特長である鳴き声のために、オスは発音器をお腹に持っています。
発音筋を震わせて、空洞(共鳴室)になったお腹で響かせて、大きな鳴き声を出しているのです。
種類による鳴き声の違いは、この発音器の構造(共鳴室の空気量・形・容積とか)が微妙に違うからです。
対して、メスは卵を産むための器官がお腹にあります。腹部のほとんどを卵巣が占めています。
だから、鳴くのはオスだけで、メスの方が体が重いのです。

↓これは私のHP。
http://homepage3.nifty.com/kuebiko/science/freestdy/cicada.htm
セミが鳴く仕組みと昆虫の筋肉

子どもの頃に読んだ

「昆虫界のふしぎ」少年博物館② 中西悟堂 著
昭和二十八年一月 二十日 初版
昭和三十年四月二十五日 四版
ポプラ社発行 三百円

こういう本の図版を撮影して載せてあります。
よく見ると「腹辨」というような、旧字体がありますよ。
そのころの小学校低学年のガキは旧字体の本を読んでたんですね。虫の話が面白くって、知りたくって必死だったのです。

« オオスカシバ@ランタナ | トップページ | カラスウリ »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« オオスカシバ@ランタナ | トップページ | カラスウリ »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ