« 変化朝顔:4 | トップページ | モモスズメサムライコマユバチの寄生{だろう} »

2015年8月 3日 (月)

変化朝顔:5

0731_2henka1 2015.7.31
朝、雨戸を開けた時の眺め。
一瞬ビックリしましたよ。一つの株から違うタイプの花が咲いたら、いくらなんでもそれはさすがに困る。
あわてて、花が出ている蔓を調べたら、2つの別の株からの蔓が絡んでいまして、やはり別株の花が並んで咲いたものでした。
0731_2henka2
八重の方を拡大すると、こうです。
花弁がカップのようになっていて、その中でやはり葯が花弁化しているのだと思います。
0731_2henka3
また、しぼんだのを開いてみましたが、メシベはあります。
花糸があってその先が紫の花弁になったと思われます。
これからも時々、中の様子など調べてみます。
こういう変化した花から種子は採れませんから、親木も大事にして、その種子を採り、また来年、どういう変化が顕在化してくるか、遺伝子からの「表現型」というメッセージを見たいものです。
「研究」しなくっちゃ。素人なんだけど。

« 変化朝顔:4 | トップページ | モモスズメサムライコマユバチの寄生{だろう} »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 変化朝顔:4 | トップページ | モモスズメサムライコマユバチの寄生{だろう} »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ