« 台風の東側で | トップページ | ササグモの幼体、出嚢(しゅつのう):2 »

2015年7月21日 (火)

ササグモの幼体、出嚢(しゅつのう):1

0717_1sasagumo1 2015.7.17
おや、子グモがいっぱいだ。孵化したな。
シコンノボタンの葉で卵のうを作って守っていた場所。
正確には、卵のうの中で孵化し、脱皮し、2齢幼体になったところで卵のうを出てきたのです。
ですから、出のうというのが正しいようです。
0717_1sasagumo2
脚が青く見えるのが幼体。脱け殻もいっぱい見えています。
共食いしてしまったわけではありません。脱け殻です。
0717_1sasagumo3
うまいことピントがほぼ合った写真。
ほんとに青いでしょ。これがたまらないんですね。かわいい。
0717_1sasagumo4
この日は、母グモは少しだけ離れた場所にいました。
0717_1sasagumo5
全体の位置関係がわかりやすい写真。

↓参考
http://homepage3.nifty.com/~hispider/spiderwebbook/ikedah/spiderphysiol.html

BOX クモの一生    池田博明
 母親が作ってくれた卵のうの中で、卵から孵化した1齢幼体はしばらく過ごします。そこで1回目の脱皮をして2齢幼体になったところで卵のうから脱出します。子グモが卵のうから出ることを「出のう」と呼びます。2齢幼体はしばらく卵のうの外で集団生活をしています。この子グモの集団を「まどい」と呼んでいます。幼体は3齢になると分散します。3齢になると毒腺が発達し、自分で虫が倒せるようになるのです。

↓これが卵のうを見つけたときの記事です。
http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2015/07/post-3114.html
2015年7月 8日 (水)「ササグモ@シコンノボタン」

シコンノボタンの葉が曲がっていて、裏にササグモが見える。
ひょっとして産卵したのかな?と裏を見ると
案の定、卵のうがあり、メスが守っています。

« 台風の東側で | トップページ | ササグモの幼体、出嚢(しゅつのう):2 »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 台風の東側で | トップページ | ササグモの幼体、出嚢(しゅつのう):2 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ