« ササグモ | トップページ | ヤマノイモ »

2015年6月30日 (火)

ツユクサ

0609_3tuyukusa 2015.6.9
この青が美しい。
この季節どんどん増えます。
この花にとって、昆虫が訪花して花粉を媒介してくれることが第一。
それがダメだった場合、花が閉じるときに自家受粉をして閉じて、やがて結実します。

春にお話ししましたが。ホトケノザは開く花と、閉じたままの閉鎖花を作ります。
当然、他家授粉が望ましいけれど、保険として閉鎖花もつくる。

ところで、ヤノネボンテンカのつぼみがついた、と以前に書いたのですが、その後開花しません。
妻が発見したのですが、開花しないまま種子を作っているようだ、と。
開花を待っていたので、写真がないのですが、これから意識して撮影していずれお目にかけます。
どうやらヤノネボンテンカは
・開花して授粉昆虫を待ち、他家受粉する。
・花を閉じるときにオシベが曲がって自家受粉もできる。
・閉鎖花を作って、開花せずに自家受粉する。
こういう3通りの選択肢を用意しているようなのです。
これについてはまた後ほど、稿を改めて。

« ササグモ | トップページ | ヤマノイモ »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ササグモ | トップページ | ヤマノイモ »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ