« 初午(の翌日) | トップページ | タチアオイの葉 »

2015年2月27日 (金)

水車のそば

0212_07hakubai 2015.2.12
妻の散歩の終わり近く。
水車のところの白梅。
奥行を重ねての撮影でボリューム感が出てますね。
0212_08hukinotou
梅からちょっと先へ行くので私はあまり見に行かない場所の蕗。

ふき‐の‐とう【蕗の薹】‥タウ
(「蕗の塔」からか)春の初めに蕗の根茎から生え出る花茎。ふきのじい。ふきのしゅうとめ。<季語:春>。文明本節用集「款冬、フキノタウ」
広辞苑第六版より引用

ふきのじい」「ふきのしゅうとめ」ってのは知らなかったなぁ。なんじゃらほい。意味がつかめませんが。

http://kigosai.sub.jp/kigo500a/221.html

花がほうけたものを蕗の姑という。

出た!「蓬ける」
いや広辞苑などでみますとは「蓬ける」は「ほおける」でして。
「ほうける」は「惚ける・呆ける・耄ける」ですねぇ。
私の髪は「ほおけて」まして、ついでに頭が「ほうけて」おりますよ。
季語のサイトの「ほうける」はどっちかなぁ。「ほおける」の方のつもりじゃなかったのかなぁ。
「長ける」でもよかったのじゃないか。

http://haiku-kigo.com/article/140714204.html

暖かくなるころには茎が伸び、30~50センチ程度になるが、そうなったものを、蕗の姑とか、蕗のじいなどと呼ぶ。

ここでは、「そうなったもの」ときましたね。

ほお・ける【蓬ける】ホホケル
自下一ほほ・く(下二)
①老衰などのために、知覚がにぶくなる。もうろくする。類聚名義抄「潦倒、ホホケタリ」 →ほうける。
②髪などがほつれて乱れる。そそける。
広辞苑第六版より引用

ほう・ける【惚ける・呆ける】
  {動詞}ぼんやりする。ぼける。{接尾語}とことんまで…する。遊び惚ける(呆ける)。
パーソナル現代国語辞典より引用

ほう・ける【惚ける・耄ける】
自下一ほう・く(下二)
(ホウクはホホクの転)
①知覚がにぶくなる。ぼんやりする。ぼける。宇治拾遺物語[14]「唐人にのろはれて後にはいみじく―・けて物もおぼえぬやうにて」。「病み―・ける」 →ほおける。
②極度に心を奪われる。夢中になる。宇治拾遺物語[1]「博打の打―・けてゐたるが見て」。「遊び―・ける」
広辞苑第六版より引用

字を見ていて、あれ「惚ける」と「惚れる」は同じ字だ、と気づいてしまった。

ほ・れる【恍れる・惚れる・耄れる】
自下一ほ・る(下二)
①ぼんやりする。放心する。日本霊異記[上]「雷―・れて七日七夜留まりて在り」。栄華物語[衣珠]「御心も―・れ惑ひて、いとど物覚え給はず」
②年とってぼんやりする。ぼける。伊呂波字類抄「耄、ホレタリ」。日葡辞書「ヲイ(老)ニホルル」
③心を奪われるまでに異性を慕う。恋慕する。狂言、金岡「恋はうき名の立つのみか正体もなう迷ひ―・れたよ、いつの世にかは君を忘れじ」
④人物などに感心して心をひかれる。「さっぱりした気性きしょうに―・れる」
⑤(他の動詞に接続して)夢中になる。うっとりする。「聞き―・れる」「見―・れる」
広辞苑第六版より引用

異性に心を奪われて「ほうけ」てしまうのが惚れる、なんですねぇ。
心を奪われておりますから「痘痕も靨(あばたもえくぼ)」になっちゃうんだ。ナットク。

○痘痕も靨(あばたもえくぼ)
好きになると欠点まで好ましく見える意。
広辞苑第六版より引用

しかしまあ、「えくぼ」ってすごい字ですね。「笑窪」しか知らなかったが。

え‐くぼ【靨】ヱ‥
①(「笑窪えくぼ」の意)笑う時、ほおにできる小さいくぼみ。〈倭名類聚鈔[3]〉。「あばたも―」
②ほくろ。〈新撰字鏡[2]〉
広辞苑第六版より引用

でもって、長く連れ添うと、

ともしらが【共白髪】
   夫婦ともに白髪になるまで長生きすること。
パーソナル現代国語辞典より引用

「惚れて」「惚けて」
共白髪になって、二人そろって「蓬ける(ほおける)」のでありますね。
共に「耄ける(ほうける)」のもまた目出度い。

« 初午(の翌日) | トップページ | タチアオイの葉 »

人事」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 初午(の翌日) | トップページ | タチアオイの葉 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ